キャンプとかギターなどのおすすめアイテム

焚き火の臭いを消す方法 – バーベキューやキャンプの豆知識

焚き火の臭い
キャンプやバーベキューは楽しいけど臭いは気になりますね。

特に焚き火を消した後に気になる煙の臭いの消し方についてまとめてみました。

焚き火の臭いを消す方法

バーベキューやキャンプではたき火は必須ですね。
焚き火の臭いを消すにはちょっとした知識があれば簡単です!

気を付けなければいけないのは臭いが付く焚き火を使っている時です。
煙が自分の方にくると髪や服などに臭いが付きますが消す方法というのはあるのでしょうか。

煙の臭いは洗濯で消える?

結論からすると洗濯をすればほとんど消えます。

どうしても焚き火の臭いが消せないとか、臭いが残る時には酸素系漂白剤を使う手もあります。

漂白剤を使う時には1点注意が必要です!
焚き火の臭いを消したいことを意識するあまり、誤って塩素系の漂白剤を使わないようにしましょう。
塩素系の漂白剤はとても強力です。

酸素系の漂白剤は服の記事を傷めることはありません。臭いを選択で落とす場合には酸素系漂白剤はおすすめです。

テントの臭いが気になる場合には付けおき洗いをするのもありです。

焚き火の臭いはファブリーズで消える?

焚き火の臭いはファブリーズでは難しいです。

基本的にはファブリーズは除菌や殺菌をして臭いを抑えて香りづけするものです。
なので焚き火の臭いは菌の臭いではないのでファブリーズでは消臭できません。

ですが、ファブリーズで消えない匂いは重曹を使うという手があります。

焚き火の臭いは重曹

袋に服を入れて重曹と一緒にしておくと1時間ぐらいで臭いが軽減します。

車の中も焚き火の臭いがついてしまった時には夜に重曹をまいておいて、朝に掃除機で吸い取るとかなり臭いが取れます。

バーベキューの臭い

バーベキューの臭いは焚き火の臭いよりも消しにくいです。

なぜならバーベキューと一緒にビールとか色々な臭いが付くから、ひとつがとれてもこちらの臭いが取れないというのがでてきます。

焚き火の臭い3つの対策

1.焚き火の臭い対策は風を読むことです。煙の風下に行かないようにするのが一番手っ取り早いです。

2.臭い対策として髪に煙が直接かからないように帽子をかぶるのもおすすめです。

3.焚き火や炭で火を使うと消した時に煙が出ます。
土の上で直火で焚き火をしている場合には水で消すとくすぶっている間に煙が出続けるので、砂をかけて酸素が減って火が消す方法は煙が少ないです。
もちろん、念のため最終的には水をかけて消した方が良いです。

焚き火の匂い好き

焚き火の臭いはくさいと思い過ぎないようにするのもありです。

焚き火をやり始めた時に少し懐かしいような燃える臭いは良い臭いでもあります。

ただし、気を付けたいのは煙の臭いが苦手なひともいます。
(住宅地の庭でバーベキューとかは気を付けた方が良いです。)

キャンプの豆知識として焚き火の臭い取りはコレ!

キャンプではやっぱり重曹のスプレーが良いです。

コップ一杯にティースプーン2杯ぐらいの割合で溶かします。

100円ショップでスプレーを入れて重曹を入れてテントなどに吹くのが良いです。

消臭スプレーで臭いをとる

スプレーを用意するのが、めんどうなら重曹ではないのですが市販の消臭スプレーならハイジアもおすすめです。
楽天だけでなく薬局や少し大きなスーパーにも売っています。車の椅子なども臭いが消えるので乗る前にスプレーすると快適です。
煙の付いた衣服は袋に入れてしばっておいた方が良いですね。

トップ
ハイジア 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

346円 (変動します)


Hygia sanitization and deodorant spray

なぜハイジアが焚き火の匂いが軽減できるかというとティーツリーオイルが消臭効果があるのはないかと考えられます。
北里環境科学センターの試験でウィルス除去は確認されていますが、焚き火の匂いはウィルス性のものではないので、ニオイ成分をティーツリーオイルで揮発させているのではないかと考えられるわけです。

Amazonのレビューを見ればハイジアの効果がレビューで見られます。
私の場合はタバコを吸うので車のシートでも使っています。

酸素系漂白剤で臭いをとる

酸素系漂白剤は塩素系と違ってそれほど強力ではありません。
ですが使う時にはもちろん薄めて使います。
水40リットルに対して大さじ一杯(ペットボトルのキャップ2杯分)で消臭効果があります。
ハイジアで臭いが落ちなければ酸素系漂白剤が良いですね。

OXICLEAN(オキシクリーン)
オキシクリーン 1500g

1010円 (変動します)


オキシクリーンで漂白と消臭

オキシクリーンで焚き火の匂いがなぜとれるかというと洗浄力の高さです。
過炭酸ナトリウムが主成分で発泡して分解するためアメリカらしいパワフルな洗浄力です。

まとめ

焚き火の匂いはまずは匂いがつかないようにしましょう。
匂いが移ったものは別の袋に入れてしまいます。
袋から出して選択をすれば匂いは消えますが、すぐに洗えないものはハイジアで消臭すると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA