アウトドア

アクアクエストはおすすめのタープ!キャンプで軽くてかんたんに張れる

2019/11/15

アクアクエストはおすすめ

アクアクエストのタープなら自由に張れて楽しいキャンプになります。

自然の中で居場所を作るっていうのはキャンプの面白さの1つですよね?
そんな便利で人気があるアクアクエストのご紹介です。

アクアクエストのタープ

アクアクエストのタープは防水性があるので、自然の中にリビングができてしまいます。
雨が降っても幕があればファミリーでゆったり食事もできますね。

土日にキャンプに行こうと思っていたけど雨の予報が出ている。っていうときでも防水のアクアクエストがあれば雨をしのいでキャンプができます。

ブッシュクラフターのようなベテランのキャンパーが使っているのがアクアクエストのタープです。

Aqua Quest Safariならタープ泊だってできてしまいます。
テントより軽くて手軽なのが魅力ですね。

アクアクエストとは?

アクアクエスト(Aqua Quest)はカナダにあるアウトドアのメーカーです。
防水アイテムは最高の品質を目指しており自然への愛に溢れた会社です。

Aqua Questは創業から25年以上実績がありグローバルに展開しています。

キャンプに最適なアクアクエスト

タープを張る
アクアクエストはキャンプに最適です。
雨が降ったらタープの下で焚き火も良いですね。
ロープが緩んでタープが燃えないようにしっかりと固定しましょう。

ブルーシートと同じようにシンプルなシートなので、ロープで釣ったりキャンプで必要な形で張ることができます。

ポールを使って支えて屋根ができればタープ泊もできますね。
ステルス張りのような面倒な張り方をしなくたって骨があれば屋根ができちゃいます。

ポールの代わりに木が2本あれば骨になるので、ロープで釣ってテントのような形にもなります。

木の幹にロープを引っ掛けてタープの穴に通すという方法もありますね。

スクリーンタープよりも自由

アクアクエストのタープはテント型のスクリーンタープよりも自由です。
スクリーン型の場合はテントに窓が付いているようなものなので形は決まっています。

ペンタゴンのタープの場合にも中心でロープで釣るのが基本になります。
開放的で良いですが雨が下から振り込んでくるのでアクアクエストのようなレクタ(長方形)が良いですね。

アクアクエストの雨のキャンプに最適

アクアクエストは雨に強いタープです。
タープの素材はシリコンとポリウレタンの2重構造になっていて水を防ぎます。

シリコンには透湿性があるので撥水効果があるんですよね。
タープが雨でしみてこないということになります。

ヒートテープシーム処理されているので布の継ぎ目から雨水がたれてくるってこともありません。

土砂降りのキャンプ場でもタープがあれば快適に過ごせます。
雨の中で焚き火をして、のんびりとコーヒーを飲んだりするのも良いものですね。

アクアクエストがおすすめ

アクアクエストのタープには3種類あります。
Guide(ガイド)とSafari(サファリ)とDefender(ディフェンダー)です。

  • Guide(ガイド)は一番薄くて安いタープ
  • Safariはもっとも人気があり薄さも中間のタイプです
  • Defenderは頑丈で生地もしっかりしています

Aqua Quest (アクアクエスト) Safariのタープ

Aqua Quest (アクアクエスト) Safariのタープは、完全な防水で雨の日にもおすすめです。
Safariのタープは生地が頑丈で薄く軽いというのが特長です。
軽いタープは設営も楽ですね。

Aqua Quest (アクアクエスト) Safariのタープのレビュー
・生地が薄いので軽くて良い。夏は遮光性もある程度ありますね。
・3 x 4 mを選んで買いました。評判通りコンパクトになるのでバイクのツーリングで使っています。
・迷彩柄を買いました。かっこいいですね。コスパが高いと思います。


Aqua Quest (アクアクエスト) Safariのタープ


¥6,999 ~¥32,848
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


Aqua Quest (アクアクエスト) Safariのタープ

●二重シリコン+PUコーティング
●スタッフサック付き
●防水性の高いタープ

アクアクエストのサイズ(Safari)

アクアクエストのサイズはいくつか揃っています。

3×2mのミディアムサイズはソロキャンプにぴったりです。
重さは540gでコンパクトに収まります。

3.3mのスクエア型は人気があります。
重さは730g大人が二人ぐらいは余裕では入れますね。

4×3mのラージサイズは3人~4人家族ぐらいでちょうど良いサイズです。
重さは970gですね。複数の人数でゆとりをもってタープを使うには4×3mぐらいが必要でしょう。

6×4mはXLサイズでアクアクエストで一番大きいサイズになります。
重さは1.7kgになります。二人ぐらいで張る必要がありますね。

アクアクエスト Defender タープ 防水

アクアクエストのDefenderは完全防水。
耐水圧20,000mmなので嵐の中でも濡れないタープです。

傘の耐水圧は250mm~500mmなので長時間の雨が降っても水がしみてくることはありません。

Aqua Quest Defenderのレビュー
・生地が非常にしっかりしており強風の中でのキャンプでしたが問題有りませんでした。
・3×4mサイズでソロキャンプ用として探していましたが、サイズもピッタリ最高の品質ですね。
・手触りの良いタープでとても頑丈です。日除けとしても機能する。


Aqua Quest (アクアクエスト) Defender タープ 防水


¥9,999
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


Aqua Quest Defender

●耐水圧20,000mm
●スタッフサック付き
●100%防水

Aqua Quest Guide

Aqua Quest Guideは安くて手軽なのでタープです。
Aqua Questシリーズの中でも一番安いので、まずはタープを使ってみたいという初心者の方におすすめです。

40デニールナイロンなのできめ細やかです。
デニールっていうのは繊維の太さのことを表します。

きめ細やかな生地で二重シリコン&TPUコーティングなので雨の日でも安心です。

Aqua Quest Guideのレビュー
・強い雨でも大丈夫でした。軽くて大満足です。
・使い勝手がとても良いですね。雨の日に使うなら大きめのサイズが良いかも。
・伸縮性がありフライのような感覚で使えます。


Aqua Quest Guide


¥6,999
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


Aqua Quest Guide

●ペグ+ストラップセット
●500g以下
●超軽量&コンパクト

DD Hammocks タープ【アクアクエストと比較】

アクアクエストとよく比較されるのがDD Hammocks タープです。
DD Hammocksは耐水性3000mmをうたっていますが、レビューでは雨漏りするという声もあります。

ループの穴が大きめでロープを通しやすいのが良いところです。
品質的にはちょっとなところもあるようですが、有名なDDタープのブランドが欲しい場合にはよいでしょう。
当たり外れがあるのは覚悟した方が良いかもしれませんね。

DD Hammocks タープのレビュー
・生地のつなぎ合わせたところが色がちょっと違う。
・使ったら数箇所から雨漏りした。
・日除けとして使っていますがタープは応用力があって楽しいですね。


DD Hammocks タープ【比較】


¥11,400
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


DD Hammocks タープ

●4m × 4m
●1290g
●ポリエステル製

Aqua Quest ビヴィテントでタープ泊

Aqua Quest ビヴィテントはタープとの相性も抜群に良いです。
ガイドのタープの下にビヴィの小さいテントを張って寝ることができます。

タープ泊といってもタープ+寝袋の組み合わせでは寝られないという方もいるでしょう。
タープの下で寝るにはビビイが良いですね。
一人でキャンプするにはもってこいの手軽さです。

Aqua Quest ビヴィテントのレビュー
・頭の上の部分も以外と広くてちょっとしたモノを置くスペースもある。
・冬のキャンプではけっこう寒いので中にきちんとした寝袋が必要。
・ソロキャンプでタープとの組み合わせは最強です。


Aqua Quest ビヴィテント


¥19,899~
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


Aqua Quest ビヴィテント

●超軽量+コンパクト
●対水圧10,000mm
●透湿3000g/㎡/24時間

まとめ

アクアクエストのタープは評判が良いのでAmazonや楽天でも人気があります。
品質の良さはレビューを見れば納得できるところですね。

一押しはSafariです。
ペグやストラップも付いているので適当な木につければ屋根が簡単にできあがります。
幕の軽さも丁度良いしサイズも選べます。

タープを貼るのにポールがあった方が良いという時にはポールをもっていきましょう。
ポールはAmazonで収納用のふくろが付いて1700円ぐらいで買えます。

もし、タープを使ったことがなければキャンプが快適になるのでおすすめですよ。

タープの関連記事
タープは雨の日キャンプの必需品ではコールマンのタープも紹介しています。

これを書いたひと

ヤマモトヤマのプロフィール画像

ヤマモトヤマ
40歳。キャンプと音楽が好きでギターは20年以上やっています。知っていることはどんどんまとめて楽しいブログにしていきます。

アドセンス


-アウトドア