アウトドア

スノーピークのちゃぶ台はキャンプでおすすめ!竹のテーブルはワンアクション

2019/10/27

スノーピークのテーブル竹
スノーピークのちゃぶ台がかっこいいです。
ちゃぶ台は竹のテーブルなのですがワンアクションでキャンプ場に持ち運んでからすぐに使えます。

テントの中で使える小さめのテーブルは何が良いの?と、テーブルをお探しならスノーピークのちゃぶ台がローテーブルとしてデザイン性が高くおすすめです。
部屋の中でも使えるクォリティーでどれもかっこいいです。

スノーピークのちゃぶ台

スノーピークはちょっと高いアウトドアメーカーですが最高レベルの品質があります。
中でもスノーピークのケトルのような鋳物は日本の新潟発のメーカーなので昔からの技術を誇っています。

竹のちゃぶ台もデザイン賞を受賞しており、アウトドアスタイルの一旦を担っているメーカーといえます。

スノーピークの竹のちゃぶ台はキャンプで便利です。
テーブルを開いてロックをすればすぐに設置できます。

商品はしっかりしていてデザイン性も良いのでキャンプだけでなく自宅でも使えるデザインですね。
竹なので和室にも雰囲気が合います。

ワンアクションのちゃぶ台

ワンアクションのちゃぶ台は便利です。
ちゃぶ台は椅子もいらないのでちゃぶ台を囲んでサッと座れば良いわけで楽です。
「私の椅子が無い」ということもないのが嬉しいところです。

使いたい時に持ってきて天板をワンアクションで開いてちゃぶ台を設置できます。
キャンプでテントの中とかレジャーシートの上とかで使えます。

すぐにテーブルを使いたい時にちゃぶ台はおすすめです。
子供が工作したり絵を書く時に、ちゃぶ台を持ってきてワンアクションで使えるところがとても良いです。

キャンプで団らんならちゃぶ台でしょう

キャンプは家族やカップルで行くものです。
やっぱり団らんするのは楽しいもの。

ちゃぶ台は日本ならではの円形が基本の形です。
スノーピークのちゃぶ台も丸くて竹が趣のある和風の良いデザインですね。

丸く座ってちゃぶ台を囲むことで和気あいあいとなるのがちゃぶ台の良いところです。

ちゃぶ台の高さ

ちゃぶ台は30cmぐらいなので小さな子どもでも上から覗き込める高さです。
背の高いテーブルだと小さな子どもにはテーブルの上が何をやっているのか見えません。

ちゃぶ台は低い高さなので子供にとっては使いやすいですね。

竹の集成材

竹の集成材

竹の集成材というのはメーカーとしては硬い素材なので加工が難しいものです。
ですがスノーピークではいくつかの商品を竹で展開しているのがすごいところ。

竹のテーブルは独特の存在感が良いですね。
清潔感と凛とした雰囲気が和風で贅沢な感じです。

竹は抗菌効果もあるので、アウトドアでご飯を食べる時に使うテーブルとして最適です。
竹の集成材のテーブルなのでとてもしっかりした天板です。

竹をアウトドアで使う理由

竹をアウトドアのテーブルで使う理由は1つだけです。
それは、虫に強いということ。
竹の素材は害虫に強くカビもはえにくいわけです。

キャンプでテーブルを使って家に持ち帰った時に、テーブルが虫に食われていたら最悪ですから、そんなことの無いように竹素材は良いのです。
防虫性と防カビの力が竹にはあるのでアウトドアにはうってつけなんですね。

スノーピーク ワンアクションのテーブル竹

スノーピークの竹のテーブルはワンアクションで設置できてとても便利です。
丸い形のちゃぶ台以外でも人気のロータイプのテーブルも含めてピックアップしました。

アウトドアで、パッと天板を開いて使えるテーブルはあると快適ですよ。
食べる料理もテーブルの上にのると食べやすくなります。

スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 M LV-071T

スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 M LV-071T

スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 M LV-071Tは、家族で団らんできるちゃぶ台です。
テントの中でも使える丁度良いサイズでおすすめです。
ロースタイルなので椅子も不要で良い雰囲気ですね。

ちゃぶ台の足がアールになって曲がった形状なのでテントの下の布を引っ掛けることもありません。
天板はワンプッシュで折りたたむことができます。
素早い設置ができるのでとても便利ですね。
片付けも早くできて付属のケースに収納することができます。

キャンプで雨が降ったときなどにはとても良いですね。
テーブルがあるだけで部屋のような雰囲気になります。

2008年にグッドデザイン賞を受賞している商品です。

スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 M LV-071Tのレビュー
・お花見に行ったときや公園でちゃぶ台を使ったりしています。
・アウトドアではなくても子供が絵を書くときなど、必要なときにサッと手早く出せるのが便利ですね。
・ピクニックに行くとこの竹のちゃぶ台を出してお弁当を食べています。子供を含めて4人ぐらいで使えます。

スペック

  • サイズ:直径650×H210mm
  • 収納サイズ:W650×H325×D49mm
  • 材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミアルマイト加工、ブラケット/ステンレス、ケース/ナイロン
  • 重量:3.8kg


スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 M LV-071T


¥21,780
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 M LV-071T

●グッドデザイン賞受賞商品
●折りたたみ式
●テーブルの天板は竹の素材

ワンアクションちゃぶ台竹はMサイズとSサイズがあります。
一回り小さいSサイズは軽いので持ち運びしやすいです。
価格的にもSサイズの方がやすいですね。

スノーピークのちゃぶ台  ワンアクション 竹 S LV070T

スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 S LV070T

スノーピークのちゃぶ台竹 S LV070Tは、MサイズのLV-071Tと比べると直径が15cm小さいサイズです。
重さが2.1kgしかないので片手で持ち運べて軽いです。

アウトドアで使えるロースタイルの小さな丸いテーブルです。
コンパクトでちょっとした、ちゃぶ台が必要なときにおすすめですね。

スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 S LV070Tのレビュー
・天板が竹なので和室にちゃぶ台として使っています。
・小さいテーブルなのですぐに出したり畳んだりできるので使い勝手が良いですね。
・初めてスノーピークを買いましたがとても品質が高いと思いました。

スペック

  • サイズ:直径500×H180mm
  • 収納サイズ:W500×H225×D49mm
  • 材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミアルマイト加工、ブラケット/ステンレス、ケース/ナイロン
  • 電重量:2.1kg


スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 S LV070T


¥15,465
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


スノーピーク ワンアクションちゃぶ台竹 S LV070T

●Amazon's Choice商品
●グッドデザイン賞受賞商品
●テーブルの天板は竹の素材

スノーピーク ワンアクションローテーブル竹 LV100T

スノーピーク ワンアクションローテーブル竹 LV100T

スノーピーク ワンアクションローテーブル竹 LV100Tは、四角形のローテーブルです。
しっかりした作りなので家族にはおすすめです。

接地面からは40cmなのでローチェアとあう高さですね。
キャンプの定番といっても良いでしょう。

折りたたみ式の天板は開閉するとロックされるので、組み立ても必要ありません。
付属のカバーに入れて移動することもできます。

スノーピーク ワンアクションローテーブル竹 LV100Tのレビュー
・天板の竹集成材が良い感じのテーブル。ちょっと重いけど運べる重さ。
・子供が食事をしてもしっかりしていて安定感があります。
・ローテーブルを使う時にはワンアクションで開閉できるので便利です。

スペック

  • セット内容:ワンアクションローテーブル竹、カバー
  • 材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミアルマイト加工、カバー/ポリエステル
  • 重量:5.5kg
  • 収納サイズ:25×85×5cm


スノーピーク ワンアクションローテーブル竹 LV100T


¥26,180
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


スノーピーク ワンアクションローテーブル竹 LV100T

●ワンアクションローテーブル竹
●カバー付き
●テーブルの天板は竹の素材

まとめ

スノーピークのちゃぶ台はアウトドアでは便利です。
ちゃぶ台はMサイズとSサイズの2種類あるので子供がいるファミリーにはMサイズがおすすめです。

ソロキャンプや二人ぐらいならSサイズでも使えるテーブルです。
丸いちゃぶ台って意外と料理がのります。

スノーピークが好きなかたはこだわりのある方に合うかわかりませんが、軽いアルミのレジャーテーブルセットも紹介しているページがあります。
楽天で人気のチェアセットなのでよろしければご参考ください。

ちゃぶ台のようなローテーブルはアウトドアやキャンプであると便利な道具ですね。

これを書いたひと

ヤマモトヤマのプロフィール画像

ヤマモトヤマ
40歳。キャンプと音楽が好きでギターは20年以上やっています。知っていることはどんどんまとめて楽しいブログにしていきます。

アドセンス


-アウトドア