やり方のおすすめ情報

 

疲れた時に元気を出す方法!上手に休む

疲れてもポジティブ
疲れた時に元気を出す方法はどんなものかお伝えしていきます。

とても疲れた時に元気を出す方法が知りたい時というのは
毎日の仕事疲れで何もかもが嫌になった時です。
誰でもそのような時があります。

疲れた時の対処法として、まずは疲れをリセットして1日のサイクルを変えることが大事です。
疲れが取れると翌日から楽に過ごせます。
もちろん、こころの疲れと体力の疲れの両方を取り除く必要があります。

疲れた時に元気を出す方法

どんな時にでも力がでる、疲れた時に元気を出す方法です。
あまりにもへこんだ時というよりも日常的に疲れ果ててしまった時の対処方法です。

1.疲れた時にはまずは休む

疲れた時にはまずはしっかりと体と心を休めましょう。
元気がなくなってしまった時にはゆっくり寝てください。
土日には何時間も寝てしまえば結構、疲れがとれるものです。
カーテンを閉めて暗くするのがぐっすり寝るコツです。

映画などを見てリフレッシュをするのも良いし、読書も良いですよね。
世界観に入り込んで心から楽しめば気分転換になります。

あとは、疲れた時にはちょっとした甘いものもおすすめです。

疲れて風呂に入りたくない時でもひとまず熱い風呂に入ってゆっくりします。
湯の花とか入浴剤などで香りを楽しむのも良いですね。

風呂から出たらビールをカーっと飲みましょう。
仕事モードから休むモードに切り替えることが大事です。

体も心も全て開放してのんびりしましょう。
何も考えずにボーッとすることも大事です。

2.朝起きたらぼーっとする

朝起きたら、ぼーっとして無心になることが大事です。
そもそも疲れ果てているわけですから、睡眠時間もとれていないはずです。
ぼーっとすることで脳が整理されます。
ストレスでぼーっとするのかもしれませんが深く考えずにボーっとすれば良いです。
本来は脳の中の情報整理は寝ている時間で行われる整理ですが、睡眠時間が短いわけなので朝起きている時にゆっくりぼーっとしても良いのです。

3.疲れた時にはなんとなく力を出し始める

疲れた時には何もやる気がしないものですが、
何かを始める時には少しづつやりはじめます。
この段階ではやりたいとかやりたくないとかは関係ありません。
少しづつ着手することが大事になります。
集中力ややる気はやり始めて、初めて出てくるものです。

4.好奇心をもってはまる

最後のステップは好奇心です。
好奇心を持った時点で勝ちだと思います。
自分を大事にして成果をだして全てがついてきます。

アインシュタインの有名な言葉に次のような言葉があります。

I have no special talents. I am only passionately curious.
私には特別な才能はありません。私には激しい好奇心がある。

疲れてもココロはポジティブに、
まずはゆっくり休みましょう。

疲れた時に元気が出る本

疲れた時に元気が出る
まずは疲れをとるために「寝てもとれない疲れをとる本 」がおすすめです。
たくさん寝ること。
お風呂にゆっくり入ることなどが書かれています。
アロマとかお香とか嗅覚で気分転換する方法も良いですね。