ケトルのおすすめ情報

 

トランギアのケトルは焚き火でおすすめ!お湯を沸かすのに必須

トランギアのケトル

トランギアのケトルは焚き火と雰囲気が良く合う無骨な魅力があります。
キャンプでベテランのキャンパーがアウトドアで使うヤカンですね。

トランギアは1925年創業の老舗ブランドで、ケトルはスウェーデン製でデザインが美しいですが使い込んでくと焼けた良い色になってきます。アルミ製でさびにくいのでキャンプでは必須ですね。ケトルさえあれば直火でお湯を沸かしてコーヒーも飲めるしカップラーメンも食べられます。

アルミのケトルは愛着がわくのが魅力の一つですね。煤でちょっとぐらい汚れてもカッコいいものです。

トランギアのケトルは3つのサイズ

trangia(トランギア) のケトルは3つの容量のサイズがあります。

TR-325は0.6Lのサイズです。ソロキャプで使いやすいトランギアのケトルです。
TR-324は0.9Lの中位の大きさのケトル。3~4人の家族ならこのサイズですね。
TR-245はトランギアの中では一番おおきいサイズになります。

トランギア ケトル0.6リットル TR-325

トランギア ケトルのTR-325は、0.6リットルと小さなサイズなのでソロキャンプにおすすめです。ずっと愛着をもって使いたくなるシンプルなデザインです。

持ち手はケトルの本体と少し距離があるので直火でも使いやすく、取り外すこともできます。

トランギアの調理セットで、ストームクッカーSのソースパン(小鍋)や「ツンドラ3ミニ」の中に収納が可能なサイズです。重さは140gしかないのでリュックに入れても軽いケトルですね。

素材はアルミニウム製なので熱伝導が良いのでお湯がすぐに沸きます。キャンプではバーナーを使わなくても直火でOKです。

トランギア ケトル0.6リットル TR-325のレビュー
・ケトルを使い込んでいくとだんだん良い色になっていきます。
・無骨な雰囲気がかっこよくスウェーデン製でデザインが良いです。
・取っ手は倒れにくいようなつくりで手でもっても熱くならないようになっています。


trangia(トランギア) ケトル0.6リットル TR-325


¥2,530 ~
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


trangia(トランギア) ケトル0.6リットル TR-325

●重量:140g
●サイズ:径13.5×h7.5cm
●アルミ製

trangia(トランギア) ケトル 0.9L TR324

トランギアのケトル 0.9L TR324は、コーヒーカップが200mlぐらいなので4杯分ぐらいのおお湯を沸かすことができます。ですので3~4人の家族におすすめです。
0.9Lだと価格も安いのでコスパが良いです。

トランギア ケトル 0.9L TR324のレビュー
・カップラーメンのお湯を作るのに使っている。ものによってはラーメン2個分は量的に難しいですね。
・お湯を注いだ後の湯切れが良いですね。0.6Lとサイズに迷ったら0.9Lの方が良いかも。
・焚き火にぶっこんで使ってます。ススだらけでかっこいい。


trangia(トランギア) ケトル 0.9L TR324


¥2,352
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


trangia(トランギア) ケトル 0.9L TR324

●重量:190g
●サイズ:径15×H8.5cm
●素材:アルミ製(無垢)
●正規品

trangia(トランギア) ケトル 1.4L TR245

trangia(トランギア) ケトル 1.4L TR245は、ちょっと大きめの1.4Lのケトルです。
キャンプで使う大容量のやかんならこれが便利ですね。

底の面積も広いので焚き火で温まりやすいケトルです。

trangia(トランギア) ケトル 1.4L TR245のレビュー
・ヤカンの注ぎ口のお湯切れが良い。
・取っ手の所は黒くぬられています。軍手などで持ったほうが良い。
・シンプルなデザインで軽くて良いです。


trangia(トランギア) ケトル 1.4L TR245


¥2,750
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


trangia(トランギア) ケトル 1.4L TR245

●重量:225g
●サイズ:径15×H12cm
●素材:アルミ製(無垢)

trangia(トランギア) ブラックケトル 0.9L TR201324

trangia(トランギア) ブラックケトル 0.9L TR201324
TR201324はトランギアの黒いやかんです。アルミ製の素材でブラックの塗装がされているので、直火でお湯を沸かした時に煤の汚れが目立たないですね。
ケトルにはノンスティック加工がされています。

0.9Lの容量なので小型です。サイズは直径が15cmで高さが8.5cm。注ぎ口からこぼれにくく湯切れが良いとレビューでも評判が良いです。
ソロキャンプにピッタリですね。

trangia(トランギア)とは

trangiaは創業90年以上経つスウェーデンの会社です。
もともとはストーブを作ったり家庭で使う調理用品のメーカーでした。
その後、料理用のキャンプ用品をはじめました。
トランギアのメスティンも非常に人気があり一時期はニセモノが出回ったこともありました。

トランギアはアルミ製品というスウェーデン語からもじった造語で作られた言葉です。

トランギアのケトルはモダンなデザインで世界中のキャンパーに愛されているブランド。
輸入販売元はイワタニ·プリムス株式会社です。
カセットコンロのイワタニのグループ会社で、イワタニのバーナーは種類も豊富でおすすめです。

トランギアのケトルは焚き火に最適

焚き火にトランギア
トランギアのケトルは焚き火に最適です。
アルミ製なので最初はピカピカなのですが、少しづつ焚き火の煤で汚れた感じになっていきます。
直火でも使えるケトルで煤で汚れていくとベテランのキャンパーみたいでカッコいいですね。
ケトルのお手入れはアルミなので研磨すれば綺麗になります。

トランギアのケトルは、お湯の注ぎ口も小さめなので焚き火の灰やホコリが入りにくいのが良いところです。

リュックにケトルを収納するする時には、ケトルの中にバーナーとか軍手とかを入れてしまいましょう。蓋を裏返して収納すればさらにスペースを効率よく使えます。

ケトルのお湯の沸かし方

ケトルのお湯の沸かし方は簡単です。
蓋を開けて中を良く洗ってから水を入れます。
取っ手のところは燃えないように立てておきましょう。

キャンプなら焚き火とかバーナーでケトルを加熱すればOKですね。
バーナーにケトルをのせる時には倒さないようにケトルをバーナーの中心にのせましょう。
0.9Lでも水が入ると重さは1Kg程度になりますので。

ポコポコと沸き立つ音がケトルから聞こえてきたらお湯のできあがりですね。

水の沸点は100度ですが山は標高が高いので90度ぐらいで沸騰します。

焚き火だとケトルを地面に置くと冷めてしまうので、ちょっとワキに寄せておきましょう。
キャンプでコーヒーをパーコレーターで飲むのも最高です。
コールマンのパーコレーターも人気があります。
もっとこだわりがあればミルで豆を挽いて飲むのも良い雰囲気です。

アルミのケトルは軽い

トランギアのようにアルミのケトルなので軽いです。

登山や標高の高い場所でのキャンプすることもありますよね?
持ち運ぶ場合には、ケトルをリュックに入れて登る必要があるので軽い方が良いです。

アルミニウムは軽いのでキャンプのように荷物が多いときでも軽量であれば持ち運ぶのが楽ですね。

そして、アルミのケトルは熱伝導率が高いのもメリットです。
つまりトランギアのケトルは早くお湯が湧きやすいということになります。

まとめ

シンプルなデザインで軽いケトルならトランギアがおすすめです。
世界中のキャンパーや登山家に愛されているケトルです。

使い込んだケトルは多少汚れても頼もしいキャンプのアイテムになります。

キャンプで汚れに強いステンレス製ならスノーピークのケトルがおすすめです。
スノーピークは新潟にある燕三条の会社で金物技術が光ります。

ちなみに、以前はtrangia(トランギア) ブラックケトル 0.9Lという黒いやかんや、赤もありましたが、現在は販売されていません。


トランギアのケトル関連
Trangia(トランギア)の公式サイトです。
トランギアのケトルは、スウェーデンのPRIMUS ABとイワタニ・プリムス株式会社が販売しています。