キャンプのおすすめ情報

 

アウトドアナイフのおすすめ!キャンプで最強!【初心者向け】

アウトドアナイフ
キャンプ用ナイフのおすすめをまとめました。
料理で食材を切ったり薪を削ったりとキャンプであると便利なのがアウトドアナイフです。

キャンプで使う初めてのアウトドアナイフでおすすめ4点です。
初心者はどのナイフを選べばよいのかわからないものですよね?
キャンプに適したナイフをご紹介していきます。

最初は安いアウトドアナイフがおすすめです。
実際に使ってみてもうちょっと持ちてが良ければいいのにとか1つの基準ができるからです。

キャンプで役立つアウトドアナイフ

キャンプではアウトドアのナイフで調理をすることが多いですね。

キャンプの時に包丁ではなくアウトドアナイフを使うのかというと、登山するときには包丁では重すぎるからです。
ナイフがあると包丁の代わりに料理で使ったり、bbqの素材を切ったりすることができるので便利。

アウトドアナイフの場合には軽量で折り畳めるものやカバーが付いているので持ち運びをすることができます。
包丁の場合には移動するということまで考慮されていないのでアウトドアか家庭用で使うのかとう違いになります。

ナイフが一本あればキャンプで最強です。
魚をさばいたり果物を切ったりする場合もあります。キャンプをやり始めると憧れる持ち物の一つです。
最初にそろえるキャンプ用品のひとつとしてナイフはぜひ用意したいキャンプ道具です。
ナイフの選び方で何を選んで良いかわかならい時には是非ご参考ください。

アウトドアナイフの選び方

アウトドアナイフの選び方ですが安く簡易的なナイフと昔からある定番のナイフがあります。

初めての場合には安いナイフでまずは使い始めてみることがおすすめです。
使ってみて知識が増えてくるとフォールディングハンターに憧れたり人生でずっと使える有名なアウトドアナイフが欲しくなるものです。

モーラ ナイフにパラコードを巻くのもカッコいいですね。
パラコードの変わりに4mm以下のテントロープを巻くのも使いやすいです。

最初から良いナイフを選ぶという選択肢もあります。
ナイフは一度買うとなかなか壊れないので安物を使いはじめるとキャンプライフがずっと安物になってしまうためです。
サバイバルの道具としてナイフは重要ですが、非常によく切れるため、赤ちゃんや幼児がいる場合には危ないので取扱には十分注意が必要です。

アウトドアナイフのおすすめ

おすすめのアウトドアナイフを厳選してご紹介していきます。

日本製のアウトドアナイフ:ベルモントの折込式 MP-017

ベルモント(Belmont) ステン折込フィールドナイフ MP-017
ベルモント(Belmont) ステン折込フィールドナイフ MP-017は、なんといっても日本製のアウトドアナイフというところです。

ベルモントのアウトドアナイフといえばコストパフォーマンスが高いキャンプで使えるナイフです。
価格も安いので初心者にはおすすめです。

コストパフォーマンスの高さは日本製の良いところです。
ステンレス製なので錆びにくく折りたたんでリュックに入れておけば必要な時に使えますね。

1700円~2000円の価格が相場です。

オピネルナイフ No.8

オピネルナイフ#8

オピネルはフランスのキャンプ用ナイフを作っているメーカーです。
キャンプで人気なのがオピネルのナイフです。

オピネルナイフは鋭く切れ味の良いナイフですね。
木製のハンドルがとても良い雰囲気がただようナイフで、アウトドアのナイフとしておすすめです。

ずっと使っていると愛着がわくナイフです。
切れなくなったら研いで長く使っているディープなファンが沢山いる人気のナイフ。

ナイフの大きさも様々あり料理によって使い分けます。
よろしければ、こちらもご参考ください。
>>オピネルナイフのおすすめ8選!キャンプの調理で最適

ちなみにキャンプではオピネルNo.8 が使いやすくおすすめのサイズです。
手の大きさにしっくりくる丁度良いサイズです。

モーラナイフ:Companion MG

モーラナイフ:Companion MG

スウェーデンのアウトドアナイフといえばモーラナイフです。
ステンレスで錆びにくいナイフ。

大きいナイフですが84gしかなく軽いのが特徴です。
価格的には2000円~2500円ぐらいで買えます。

キャンプではけっこうラフに使えるナイフなので、料理よりもロープや薪の処理などに向いています。

芸人ヒロシが使っているヘレナイフ(ディディガルガル)

HELLE DIDI GALGALU SURVIVAL KNIFE

芸人ヒロシさんが使っているヘレナイフ(ディディガルガル)です。
英語表記ではHELLE DIDI GALGALU SURVIVAL KNIFEですね。

芸人ヒロシさんはもらったナイフみたいですが、けっこうお高いです。
でも職人の技が光る良いアウトドアナイフですね。

BUCK(バック) フォールディングハンター110

アメリカのもはや伝説になりそうなナイフ。BUCK(バック) フォールディングハンター110。
昔から変わらないフォルムで硬く鋭い刃が特徴のアウトドアナイフ。
アメリカのナイフメーカーではスパイダルコなども有名ですが、老舗のナイフブランドならバックです。

バックのナイフは根強いファンが多く100年以上続いている老舗ナイフブランドです。
その中でも定番品といえばフォールディングハンター110のナイフです。

キャンプで便利な道具の関連記事
木を加工するノコギリなら切れ味の良いシルキーのポケットボーイがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA