ポータブル電源のおすすめ情報

 

ECOFLOW RIVERのポータブル電源なら370と500!レビューが良いのはどっち?

ECOFLOW RIVERのポータブル電源キャンプで便利なEF ECOFLOW RIVERのポータブル電源なら370と500が人気です。
レビューが良いのはどっち?
ということで、
結論からいうと、ECOFLOW River 370の方が人気で売れています。

EF ECOFLOW R500は、太陽光パネルと接続をして発電をして充電できるという楽しさがあります。USB-AやUSB-CなどUSBポートの給電が使いやすいのも特徴ですね。

どちらもデザイン性に優れて魅力的なポータブル電源なのでご紹介していきます!

EF ECOFLOW RIVER ポータブル電源

EF ECOFLOW RIVERのポータブル電源は大容量で人気のRIVER500ですね。
なんと116000mAhのリチウムイオンです。

手軽に使えるのはRIVER 370です。
持ち運びしやすいポータブル電源です。

ポータブル電源 ECOFLOW RIVER 370と500の比較

ポータブル電源のECOFLOW RIVER 370と500の比較です。
見た目が良く似ており最大出力以外も同じような感じですね。
容量のWh(ワットアワー)は、どれだけの時間で電力が使えるかというところになります。
けっこう大事なポイントですね。

ECOFLOW River 370 EF ECOFLOW R500
価格 36,990円 52,800円
容量 370Wh 403Wh
AC出力 300W 500W
瞬間最大出力 600W 1000W
重さ 5 kg 5.2kg
サイズ 250 mm × 160 mm × 208 mm 250 mm × 160 mm × 208 mm
ACコンセント 2個 2個
シガーライターソケット 1口 1口

ECOFLOW RIVER 370 ポータブル電源

ECOFLOW RIVER 370 ポータブル電源
ECOFLOW RIVER 370のポータブル電源です。

ECOFLOW RIVER 370はドイツのRed Dot Design Awardで受賞しているデザイン性に優れたポータブル電源。
コンパクトで持ち運びが楽。重さはおよそ5kgです。

RIVER 370は車に積んでおけば車のシガーライターソケットからも充電することができます。
地震などの停電に備えておけば安心ですね。

キャンプにポータブル電源があればテレビも見られますね。
ポータブル電源でテレビを見る

出典:Amazon:QKK ポータブルDVDプレーヤー

ドローンやラジコンをアウトドアで使う時に充電用として使われていたりします。
操縦しようとして電池切れになってもAC電源が無い場合が多いですよね。
そんな時にはポータブル電源があれば充電できるので使えるようになります。

3つの充電方法があります。コンセント充電、ソーラーチャージャー、車のシガーライターによるソケット充電です。
また、同時に9台デバイスを充電することが可能です。スマートフォンとタブレットを同時にチャージできるということですね。

ディスプレイにはバッテリーの残量などが表示。大きめののサイズなので見やすいです。
出力量や入力量なども確認できます。

EF ECOFLOW ポータブル電源の本体、Type-Cケーブル(200cm)、ACアダプター、車載用充電シガーソケットが付いています。
また、PSE認証済で日本語の取扱説明書や24ヶ月の保証もあるので安心ですね。

ECOFLOW RIVER 370

ECOFLOW RIVER 370
価格:¥36,990(価格は変動します。)

ECOFLOW RIVER 370のレビュー

  • 高級感のある。アップルみたいでデザインが良い
  • 車中泊で使っていますがコンパクトで使いやすい
  • USB-C充電が便利

EF ECOFLOW R500 ポータブル電源

EF ECOFLOW R500 ポータブル電源
ECOFLOW RIVER 500は評判が良く、Amazonでは5つ星が付いています。

ECOFLOW RIVER 500はソーラーパネルにつないで太陽光から充電できます
ソーラーパネルは別売りで3万5千円~4万円ぐらいが相場ですね。
災害の時でも自分で発電することができるので安心ですね。

電源は純正弦波なのでACコンセントを使うことができます。
キャンプでスピーカーを使ったり、ノートパソコンをコンセントでつないで使えます。
キャンプ場でホラー映画を楽しんだりするのも面白そうですね。

ノートPCが30Wだった場合には11.4時間使うことができます。
※AC出力は500Wまで対応しています。(瞬間最大1000Wまで)使えます。

ECOFLOW R500

ECOFLOW R500 112,000mAh/403.2Wh
価格:¥52,800(価格は変動します。)

ECOFLOW R500 レビュー

  • キャンプをする時に映画を見るのに使っています。
  • 何かあった時の非常用として買いました。
  • 冬キャンプで電気毛布で使っています。軽くて良いです。
  • 車から充電したりしている。写真を撮る時にパソコンをつなげています。

EF ECOFLOW EFDELTA ポータブル電源

EF ECOFLOW EFDELTA ポータブル電源
EFDELTAはRIVER(リバー)の後継機のポータブル電源。
海外で先に販売されていたので前評判が高く、ずっと発売を待っていた方も多い品番ですね。2020年6月に発売された最新の機種です。
EFDELTA 1300-JPは、1600Wの出力で1260Whの大容量。
EFDELTAを3台までつなげることもできます。
大容量ですが2時間で充電できて高速です。

電源は純正弦波なのでパソコンやスマートフォンなどの精密機械でも安定して使えます。
他のエコフロー製品と同じように解りやすいディスプレイを搭載しており、バッテリー残量などがひと目で把握できるようになっています。
EFDELTAは高出力のポータブル電源なのでDIYなどの機器をつないで使うのにも良いですね。

価格:¥159,500 (価格は変動します。)

スペック

  • バッテリー容量:1260Wh
  • 重量:14kg
  • サイズ:39.9×21×27cm
  • AC出力:×6箇所 AC総電力1600W(最大3100W)、100V AC(50Hz/60Hz)
  • USB-A出力 : 2箇所
  • USB-A急速充電 : 2箇所
  • USB-C出力 : 2箇所
  • 車載ソケット : 1箇所

ECOFLOW ソーラーパネル 85W

ECOFLOW ソーラーパネル
ECOFLOWのソーラーパネルです。ECOFLOW RIVERで使えます。
ソーラーパネルは折りたたんで持ち運びができます。
IP67防水・防塵機能があるのでキャンプにもぴったりですね。

山の天気は変わりやすいので、突然雨が降ってきても大丈夫。
防水等級7というのは水に30分浸かっても問題が無いという性能評価をクリアしているわけです。
雨もOKとはいえ折りたたみ式なので、すぐに畳んでテントの中とか、車の中に撤収しましょう。

ソーラーパネルの定格出力は85W。
DCポートでECOFLOW RIVER 500ポータブル電源を充電できます。

ECOFLOW ソーラーチャージャー

ECOFLOW ソーラーパネルのレビュー

  • 思っていたよりも発電するのでポータブル電源のバッテリー切れに対応できるようになってよかった。
  • 災害時の防災用として購入。接続もわかりやすい。
  • 防水性があるのでキャンプで使っています。

ECOFLOW RIVER rapids

ECOFLOW RIVER rapidsは日本で発売されていない18WのUSB接続タイプです。
ポケットに入るぐらいの大きさでノートパソコンの充電用です。
とても小さく海外で評価が高いので日本にも入ってくるかもしれませんね。

EcoFlow Technology Japan株式会社とは?

EcoFlow Technology Japan株式会社(エコフローテクノロジージャパン)は2017年に設立したばかりのまだ新しい会社です。

アメリカのクラウドファンディングのINDIEGOGO(インディゴーゴー)で一億円以上集めた会社。
拠点はアメリカのサンフランシスコと中国の深センです。

プレスリリースでは日本では港区に本社があるようですね。
東京都港区赤坂2-23-1

ECOFLOWの会社は、北米やヨーロッパではある程度の知名度が付いてきています。日本ではR500を2019年の12月に発売したばかりなので、これから浸透していくでしょう。それでも、星が5つ付いて評価されているのはすごいですね。

まとめ

ECOFLOW エコフローは設立3年ぐらいの若い企業です。
北米中心にRIVERやEFDELTAなどのポータブル電源を販売しています。

キャンプや車中泊でECOFLOWのバッテリーは使われています。
ポータブル電源は1台あると車の中で家電が使えるようになるので便利ですね。

関連記事
ポータブル電源の初心者の方にはもう少し簡単に始められるパワーアークミニもおすすめです。定格エネルギーが311Whで価格は33,000円ぐらいが相場です。カーキ色がおしゃれな感じです。

EFDELTA 公式