車のおすすめ情報

 

渋滞の車でおしっこを我慢する方法【トイレ】

車のトイレ渋滞
渋滞の車でトイレに行きたくなることがあります。
ゴールデンウィークや年末年始など休みが集中すると車は込みます。
車の中でどうしてもトイレに行かなければならない!という時のためにまとめてみました。

おしっこを我慢するには肛門に力を入れて尿道にも力を入れます。
普段から少しトイレに行く回数を減らして車の中でも我慢をする力をつけることも大事です。

車の中でトイレを我慢する

車の中でトイレを我慢する方法としてすぐにできる一番簡単な方法は、車の中では緊張しないようにすることが大事です。
必要以上に気をはらずにリラックスをして、あまり気にしないことがポイントです。
車内で常に気を張っているとストレスでトイレに行きたくなる場合があります。心因性頻尿(神経性頻尿)というものですね。

自動車だけでなくテストや何かの発表の前にトイレに行きたくなるのと同じように、ストレスでトイレに行きたくなる場合があります。
自律神経のバランスが乱れると尿意が出てくるのでリラックスすることが大事です。

渋滞でおしっこの事を忘れる

渋滞でおしっこの事を忘れる(気にしない)ように、深呼吸でリラックスしましょう。
車では緊張しないように、運転していない時に一度目をつぶって深く深呼吸をしてみるということもおすすめです。
ヨガをやっているつもりで、一度楽な姿勢で座り、ゆっくりした呼吸で、鼻から深くすって口からゆっくり吐きます。
くれぐれも、渋滞でおしっこに行きたい時に意識がそちらばかりに行くようなことがあってはなりません。膀胱が固くなると風船のように膨らまなくなるので悪循環に陥ります。
トイレに行きたいときにはリラックスをすることが大事です。

音楽でリラックス【車でできる】

音楽には直接人の心に働きかける効果があるので、自分が心地よいと思う音楽を車内でかけるのもおすすめです。
ピアノなどのリラクゼーションだけが効果があるわけではなく音楽の種類には個人差があるため、
好きな曲を聞いてリラックスしましょう。
幸福ホルモンのエンドルフィンが出るとニス大学(セルビア)Deljanin Ilic教授が発表しています。

無理せずトイレに行く

高速だったら出口から下道におりましょう。

こればっかりは身体的なものなので尿意を感じた時には時すでに遅し。解決方法はありません。
尿が出ない方が体に悪いとポジティブに考えましょう!
トイレを我慢すると体には良い影響はありません。
子供が車でトイレに行きたいといえばコンビニやお店によりましょう。
コンビニでトイレを借りておしっこをするようにしましょう。

アウトドアとかキャンプ場に行く途中だったら自然にまかせて子供の場合は「外で」という方法もあるかもしれません。
軽犯罪法では「街路または公園その他公衆の集合する場所」ではだめだということですが山道なら適用外でしょう。

尿意のもとをつくらない

尿意のもとをつくらない水分を控えるように、効果のある基本的な部分として車に乗る前に水分を控えましょう。
水のがぶ飲みは危険です。車に乗る30分前までには水分を飲むのを控えて、トイレに行ってから車に乗ると良いですね。

特にコーヒーや緑茶などのカフェインが入っているものは、利尿効果があるのでトイレに行きたくなります。
紅茶もカフェインが多いのでペットボトルなどでガブガブ飲んでしまうとトイレに行きたくなる原因になります。

薬でトイレを抑える

トイレに行くのを抑えるという薬もあります。
清心蓮子飲(セイシンレンシイン)というストレスからくる頻尿の漢方薬です。

小林製薬のノコギリヤシなんかも有名ですね。レビューでは評価が高いサプリメントです。

朝起きてから寝るまでの間に8回以上行くと頻尿です。
ストレスが多い場合には薬を飲むことも良いと思います。

携帯トイレを用意しておく

携帯トイレを持っておくのも一つの方法です。
持っておくだけでも尿意がおきた時に安心感があります。
車の中で用をたせるものは容器に入るタイプのものが必要になります。

どうしても車の中でおしっこをしたい。
という緊急の場合には携帯トイレを使います。

運転をしているひとは車が止まってからするようにしましょう。
走りながらするのは大変危険です。

渋滞の時にトイレ問題を解決するには、可能であれば渋滞をする時間を避けるということが間違えなさそうです。

使わないにしてもあると安心感があります。