車のおすすめ情報

 

車のガラスは内側から曇り止めをする【ガラスクリーナーおすすめ!】

車のガラスの内側を曇りを拭く
車のガラスクリーナーのおすすめです。
ガラスのくもりはとてもうっとうしいものです。
とくに雨の日の朝はフロントガラスが曇ったりすると見にくいですよね。

車の内側のフロントガラスをサッと綺麗に曇りを拭き取りましょう。
手入れ方法は熱湯使ったりという方法もあるらしいですが、もっと簡単に落とせるクリーナーをおすすめします。

車のガラスを内側の汚れを清掃

車のガラスは内側が曇る場合がほとんどです。
ガラスの内側が結露をするフロントガラスの曇りの原因は汚れです。
ガラスを綺麗に清掃するだけでも曇りにくくなります。

フロントガラスは汚れて前が見えなくなると危険なのでこまめに清掃しましょう。
曇り止めは安全運転のためにも必須です。

フロントガラスが曇る理由は汚れです。
車内と屋外との外気の差で曇るのですが汚れていると水滴が付くわけです。
朝とか冬は曇りやすく、夏に曇ることはあまりありません。冬の方が外と中の温度差が大きいからです。

ガラスは冷えたコップと同じように、中が冷えている分には外は蒸発しますが、中の方が温かい場合には反対に車の内側の窓に水滴が付く事になります。

車のガラスの曇り止めの簡単な方法

曇り止めクリーナーを使わないガラスの曇りをとる簡単な方法です。
車内と外の空気の温度を調節して対処できます。

  1. 車の窓を少し開けて外気との温度差を無くす
  2. 窓を開けられない時にはエアコンを入れる
  3. デフロスターを利用する。デフロスターで曇りをとる場合は強風で水気を飛ばす感じが効きます。

誰しも一度はやったことがあるやり方ですね。
車で走りながら外側はウオッシャーでワイパーで洗っちゃう。
でも原因は内側のガラスの汚れなので一次的な対処にしかなりませんのでクリーナーはあった方が便利ですね。
結局、汚れを拭き取るということが必要になってきます。

車のガラスクリーナーおすすめ

車のガラスクリーナーおすすめはグラスクリンです。
ガソリンスタンドなどプロが使っているものなので知る人ぞ知るというクリーナー。
車好きな方ならご用達ですが、なんだかんだでグラスクリンが一番綺麗になりますね。

グラスクリンの一番良いのは車のガラス窓の外側も内側も使えるということです。
雨の日は内側を拭いておけばまず曇りません。
アルコール成分が入っているので油分まで拭き取れるのが気持ち良い。

曇の原因になる、油分やホコリだけでなくタバコのヤニの汚れまで落とすことができます
値段も安いのでリピーターが多いのもうなずけます。

車のガラスを手入れする

車のガラスを拭く時には車体を拭いた雑巾などで窓は拭かないように注意です。
窓に油膜が付くとムラが出て白っぽくなって曇りやすくなってしまいます。
窓は窓用の雑巾にして使い分けた方が良いですね。

車のお掃除をするための関連ページとしては車の掃除はパーマラックスもおすすめです。こちらは車のボディにつかうガラスコーディングです。私はカーワックスよりもガラスコーディングの方が好きです。