キャンプのおすすめ情報

 

キャンプの初心者はバンガローがおすすめ

バンガロー
キャンプの初心者はバンガローがおすすめです。
バンガローやコテージはテントがなくてもアウトドアの初心者でも安心です。
やはりテントは最初は敷居が高いです。

キャンプでは風呂はどうするの?とか虫が入ってくるかもしれないとか、深夜は寒いかもしれないとか、不安はなかなか多いと思います。
ですが、バンガローならまずは屋根もついているし、テントを買わなくて良いので初心者は良いと思います。
テントの場合には張る必要も出てきます。

バンガローって何?

バンガローは小屋のことです。
コテージの場合はバンガローよりも費用的に高くエアコンが付いている場合もあります。
特に「冬のキャンプはテントは寒くて耐えられない」というときにもエアコンが付いているバンガローは快適です。

バンガローの3人用とか小さいものはボロボロの場合もあるので注意ですね。
ここで寝るの?という非現実的な感じが面白い。
キャンプで初心者でも楽しめるのが寝る環境です。

バンガローとコテージの違い

バンガローは小さな小屋のようなイメージですが、コテージはそれよりもレベルアップしたイメージです。
コテージは2階建てや冷蔵庫・トイレが付いているものもあります。
バンガローの寝具はついていないのが多いです。(レンタルできるキャンプ場もあります。)
冬は寝具の準備をした方が良いです。
わかりやすいのが値段です。ふつうはバンガローの方が借りる値段がコテージよりも安いです。
ですが、バンガローが悪いということではなくて、ほったて小屋で寝るという非現実感が魅力です。

バンガローは暖房が無い場合は冬は避けた方が良いと思います。
初心者の場合には気温に対応する寝袋がないと冬は厳しいです。

東京・東京近辺のバンガローでおすすめ

キャンプの初心者におすすめのバンガローです。
東京にもキャンプができる場所が複数あります。その名でもバンガローでおすすめの場所をご案内します。
アメリカキャンプ村は初心者にはおすすめです。
いわゆる簡易的なバンガローはないのですが、ツリーハウスというものがあってエアコンと小さい冷蔵庫があります。
人気がある場所ですがネットで予約ができるのが楽です。

【アメリカキャンプ村】
所在地: 〒198-0213 東京都西多摩郡奥多摩町海澤230
都内でも人気のキャンプ場です。
シャワールームがあったり布団もあるので初心者でも安心。
>>アメリカキャンプ村公式サイト

【小田急山中湖フォレストコテージ】
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野491
都内ではないですが、都心から近いです。コテージはバンガローの倍以上の料金ですね。
一度は利用してみたいキャンプ場です。

【落合キャンプ場】
所在地: 〒190-0174 東京都あきる野市乙津278
電話:042-596-0985
東京の都内から高速で行けば日帰りで行ける近さです。
バンガローは1泊 6000円~利用することができます。
川が近いので川遊びをしたい方にも良いですね。
テントを張る場所はありませんので注意です。

バンガローの関連記事
関東の安くてきれいなコテージも初心者に良いですね。
気軽に自然を楽しむことができます。