登山のおすすめ情報

 

トレッキングアンブレラがおすすめ【モンベルの登山の傘】

トレッキングアンブレラ
登山の傘は曇った日には傘を持って行きますよね?
山の天気は変わりやすいので折りたたみが便利です。

アウトドアメーカーの傘のなかでは新素材に定評があるのがモンベルです。
登山ではモンベルのトレッキングアンブレラが撥水が良くおすすめです。

登山の傘はモンベルがおすすめ

登山をするときに持っていくならモンベルですね。
モンベルはアウトドアや登山のアイテムで有名なメーカーです。
登山の傘選びでは軽いものが良いでしょう。

山を歩いていると背負っているリュックの重さはちょっとしたグラム数がボディー・ブローのようにきいてきます。
登山の傘でもできるだけ軽い方があとあと楽です。

トレッキングアンブレラは登山でおすすめ

トレッキングアンブレラはモンベルの人気の傘です。
アウトドアメーカーのモンベルは傘を昔からたくさん作っており高品質でおしゃれな折りたたみ傘なのでおすすめです。
なぜアウトドアメーカーが折りたたみ傘が強いのかというと、山の天気は変わりやすいため傘を持ち歩く場合が多いため、モンベルなどのアウトドアメーカーが販売しています。
なかでもモンベルの素材は技術力の高いメーカーで有名です。

そのようなわけで、登山で使う傘は通勤用の折り畳み傘よりもアウトドアメーカーの折り畳みの方が軽いということですね。

モンベルのおすすめの折りたたみ傘

モンベル開発力のあるメーカーなので傘はいくつかあります。

モンベルの傘はトレッキングアンブレラ、小さいサイズのU.L.トレッキングアンブレラ、さらに小さいトラベルアンブレラなど骨の数とサイズが異なる傘があります。
なかでもトレッキングアンブレラが売れています。

おすすめのポイントは2つあります。

トレッキングアンブレラは軽いということと撥水の効果が高いということです。

なぜ軽い傘が良いのかというと、雨の日に通勤通学の時間で歩いている間はずっと傘を持っていることになりますので、重いと手が疲れます。
しかも雨がやんでも持ち歩くことになるので、傘はなるべく軽く、かさばらないのがおすすめです。
モンベルの傘

トレッキングアンブレラは軽量

トレッキングアンブレラは折り畳みの傘なので普段はバッグに入れておくことになると思います。
くもりの日は傘を持っていると安心です。傘は軽いもので小さいくコンパクトなのが折り畳み傘としてポイントになってきます。

軽い傘が良い理由は、通勤や通学では傘を持ち歩く時間は30分~1.5時間ぐらいは持っていなければいけないでしょう。
長い時間傘を持っていると数百グラムでも効いてきますので、折りたたみ傘の場合には軽い方がおすすめです。

トレッキングの時に傘と合わせておすすめした登山アイテムでは軽量のトレッキングポールもおすすめです。

モンベルの傘は用途ごと

モンベルの傘は用途ごとに分けることでバランスをとっています。
小さいカサでよくあるのは6本の骨ですが、モンベルの傘は8本の骨なので雨風の方向を気にしなくてすみます。

折り畳みの傘は300~450gぐらいが主流ですが、トレッキングアンブレラは150gという驚異的な軽さで持ち歩きが楽です。
折り畳み傘の宿命として重さと壊れにくさのバランスがあります。
壊れにくいものは重いか価格が高いし、軽くするには壊れにくさを代償とします。

いくら軽くても6本ですぐに折れてしまうのは困りものです.
トレッキングアンブレラを壊れたら買うパターンで何本か持っているひともいます。
モンベルの場合にはそれぐらい根強いファンがいます。

モンベルの傘は撥水がすごい

雨の撥水

アウトドア専門のmont-bell(モンベル)ならではの技術がつまった傘です。
世界最高レベルのポルカテックスという撥水加工されています。
フッ素が繊維と高く密着して水分が保水しないので雨が傘に染みないということですね。

レビュー

トレッモンベルのトレッキングアンブレラがおすすめ

モンベルの傘は軽くてビックリ的な感想もあります。
雨が降らない時に持ち歩くのが折り畳み傘の特長なので、やっぱり軽いのが一番ですね。人気の色は売り切れが多くなってきています。

モンベル以外でもトレッキングアンブレラは良いものがいろいろ出ています。

トレッキングアンブレラ仕様

【素材】20デニール・ポリエステル・リップストップ[ポルカテックス®加工] 【本体重量】150g
【傘を開いた直径】98cm
※モンベルの折り畳み傘はいくつか種類があります。
一回り小さく骨の数が少ないトラベルアンブレラを買わないように注意。
【傘袋収納寸】27cm


傘の関連情報
台風に強い傘はドイツのEuroSCHIRM「ユーロシルム」です。
傘の骨がしっかりしていておすすめです。