アウトドア

チタン製スキットルのおすすめ - スノーピークがアツい

2019/05/19

チタンのスキットル
チタンのスキットルを使ったことがありますか?

陽気に出かけられる旅では、お酒をのむスキットルを携帯すると楽しいものです。

チタンのスキットルはアウトドアなどのキャンプで使えます。

外でお酒を飲むというのは特に冬や春のキャンプは外気が涼しいので、焚き火を眺めながら飲むのも最高ですよ。

ふつうはウィスキーなどのアルコールを入れて使いますが、スキットルが好きで水を入れて使うひとがいるぐらい、スキットルには魅力があります。

スノーピークでは日本酒のスキットルでアウトドアアイテムもあります。

色々な素材のスキットルがある中でチタン製が一番のおすすめです。

チタン製スキットルをおすすめする理由

スキットルの素材はステンレスやチタン、錫(すず)などがありますが、チタンがおすすめです。

ステンレスは錆びにくい金属で、それよりも、さらに錆びにくいのがチタンです。
海にかける橋の足はチタン建材が使われるなど、錆びないのが特徴です。

チタンは耐久性・耐摩耗性が高いためスキットルを長く使うことができます。
また食器としてチタンを使った場合には軽くて金属臭もしないのが特徴です。

錫(すず)のスキットルのように、極端に柔らかい金属素材ではないので凹む心配もありません。

チタンは熱に強いという性質もあります。
885℃まで使えるので熱で煮沸消毒できます。
スキットルに熱湯を入れて80~100℃ぐらいで熱消毒をしても割れることはないので、清潔にお手入れできます。
※やけどにご注意ください。

  • チタンのスキットルは錆びにくく長持ちする
  • チタンは薄く作れるので軽い
  • 熱に強い素材なのでスキットルを清潔にできる

チタンのスキットルならスノーピーク

おすすめのスキットル
チタンのスキットルで有名なアウトドアのブランドといえば、スノーピークです。

キャンプやテントといえばスノーピークということになりますね。

スノーピークといえば新潟の企業です。
新潟といえば、自然が豊かということと金属製品に強い地域ですね。

スノーピークのマグカップもチタンで良いものがありますが、アウトドアアイテムでチタン製品のデザインが良いことでもおなじみですね。

スノーピーク創業者の山井幸雄さんはクライマーでもありました。
クライマーの山井さんが使いやすく実用的なものを作ってきたスノーピークなら安心です。

プラスチックの安いスキットルもありますが、ちょっと高いけど良いものを持ちたい本物志向のならチタン製のスキットルがおすすめです。

スキットルの手入れ方法は簡単で、熱湯を入れてすすぎ洗いをします。

スノーピーク チタンスキットル M T-012

チタンスキットル
スノーピーク チタンスキットル M T-012
・チタンスキットル
●容量:140ml
●重量:65g
●シンセティックレザーケース付(便利です)

スノーピーク チタンスキットル M T-012の口コミ

海外のスキットルよりも本体は薄くとても軽いので満足感が高いです。コンパクトで手触りも素晴らしい。

男の良い評価
口コミ

金属臭がまったく無いので良いですね。仕上がりがきれいで、ずっと大事にしていきたい。

男の良い評価
口コミ

旅行に行く時にはいつもスキットルを持っていって、電車の中で使っています。映画の中のワンシーンを思い出したりして、スキットルで移動の時間を楽しんでいます。

男の良い評価
口コミ

これを書いたひと

ヤマモトヤマのプロフィール画像

ヤマモトヤマ
40歳。キャンプと音楽が好きでギターは20年以上やっています。知っていることはどんどんまとめて楽しいブログにしていきます。

アドセンス


-アウトドア