ビールが抜ける時間を知って運転しましょう

2019/04/16

ビールの抜ける時間
ビールが抜ける時間を知って、アルコールがどれだけ抜ければ運転できるか確認しましょう。
ノンアルコールビールなら問題ないですが、キャンプやスノボやゴルフなどアウトドアで楽しんだ時にはコロナビールを飲むこともあります。
何時間でビールが抜けるのか知っておく必要があります。

ビールが抜ける時間

ビールが抜ける時間の目安ですが、ビール1缶 (350ml)で体重が70㎏の人は約2時間かかります。
アルコールを飲む量と体重によってアルコールが抜ける時間は変わります。

ビールの度数は5%前後ですが、たとえば夕方5時にビールを1缶飲んだら夜7時にアルコールが抜けるという目安になります。
ですが体調にもよりますし体重が軽いひとはさらに時間がかかります。

アルコールを早く抜く方法

アルコールを早く抜く方法は利尿作用のあるカフェインを含むコーヒーなどを飲み、水を多く飲みます。
アセトアルデヒドが排出されずに体内に残ると二日酔いの原因になるといわれています。

アルコールを体の外に出すことが大事です。
おしっことして排出をしてアルコールを体外へ出せば何もしないよりは良いです。
また、寝ている時よりも起きている方がアルコールを多少は早く分解できます。

車に乗る時にはビールを控えましょう

ビールを飲んで飲酒後に車を運転して12時間後でも警察に捕まる場合があるようなので、飲んだ日には運転しないことが間違えなさそうです。
ビールやアルコールが抜ける時間を知って運転しましょう。

キャンプではビールを飲むこともあると思いますが山や川などの自然が多い環境でも細い山道もあったりして酔っぱらって運転したら大変です。
休日では子供が飛び出してくるかもしれません。いわゆる「かもしれない」運転ですね。

飲酒をしたら車の運転は避けましょう。
飲酒運転は最高で50万円の罰金になります。さらに自転車であっても罰則になります。

ビールが残っているんじゃないかと心配な場合には、アルコールチェッカーというものもあります。
二日酔いではないか確認するのにも良いですね。
タニタのチェッカーは2500円~3000円ぐらいのもので1000回ぐらい使えるのでおすすめです。

これを書いたひと

ヤマモトヤマのプロフィール画像

ヤマモトヤマ
40歳。キャンプと音楽が好きでギターは20年以上やっています。知っていることはどんどんまとめて楽しいブログにしていきます。

アドセンス


-