キャンプとかギターなどのおすすめアイテム

【大人気】コンパクトミニバンのおすすめ – 幅が狭くて中が広い車は?

幅が狭いコンパクトカー
運転が楽な大人気のコンパクトミニバンのおすすめです。
コンパクトミニバンは中が広いので小学生ぐらいまでの家族がいるようなファミリーで重宝する車です。
ベビーカーや自転車ももちろん入りますね。

車のはばが狭いので普段の買い物に行く時には駐車場に入れたり運転も楽です。
車幅が狭くて中が広いのはどの車でしょうか?

車幅が狭いコンパクトミニバン

コンパクトミニバンで一番おすすめしたいポイントは楽な運転ということです。
車幅が狭いメリットは細い道や車のすれ違いなどで気を張らなくても運転できます。

車幅が狭く通れるスペースに余裕があると運転が非常に楽になります。
都内だと車庫が狭くて隣接している道路も狭いと選べる車が限られてくる場合がありますね。

後部座席が広いとファミリーでも使いやすい

中が広く使える車なのかという基準は後ろの座席に座ってみるとわかります。
普段は運転をするので後ろには座らないというお父さんも後ろに座ってみて家族の使い勝手を確認しましょう。
足がちょっとでものばせれば解放感がありますが窮屈だなという車はあります。

車の中が広いのも快適なのでおすすめです。
車幅が狭くても背が高い車は中が広いです。

コンパクトミニバンのおすすめ車種

車幅が狭くて中が広い車は軽自動車以外で一番有名なところだとソリオでしょう。
カッコイイかどうか別として車の幅が狭く運転のしやすさと車中の広さは両立しています。

そしてソリオのようなコンパクトカーでトヨタだとタンクとルーミーでしょう。
タンクとルーミーは見た目以外は同じ車です。

ルーミーとタンク

ルーミーとタンクはトヨタのコンパクトカーです。
内装がいまいちですが車幅が狭く中が広いのでカッコをあまり気にしなければありですね。
3725×1670×1735(mm) 1000cc
(全長×全幅×全高)

フリード

フリードは内装もシンプルで評価の高いホンダのファミリーカーです。
4265×1695×1710(mm)
(全長×全幅×全高) 1500cc

新しい年式のものはホンダセンシングが搭載しているので安全性も高いですね。
古い年式であれば多く出回っているので中古車として安く買える可能性があります。

ルーミーとフリードの比較

ルーミーを検討する車として選ぶならフリードも検討すべきです。

ルーミーよりひとまわり大きいサイズがフリードですが車幅はほとんど変わりません。
ルーミーの車幅は1670mmでフリードは1695mmです。見た目はフリードの方が大きく見えますが、車幅は25mmしか変わりがありません。

車の長さが少し長いですがそれでも4mちょっとですね。
1500ccなので長距離でもフリードは走れる車です。

全長がルーミーは短いので小回りはききます。
ルーミーとフリードを比較すると高速道路で安定走行できるのはフリードです。

カーブの強さの比較

車幅が狭いデメリットはカーブでロールがしやすいことと、横風などの横からの力に弱いことですね。
重心が高い場合やサスペンションが柔らかいとカーブでグラっとロールします。
コンパクトミニバンの中ではフリードは足回りが固めなのでロールしにくい車種です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA