ギター

MOOER GE200のエフェクターをレビュー!GE150・GE300との違いや使い方

2019/10/05

MOOER GE200

MOOER GE200はコストパフォーマンスに優れた高機能なエフェクターです。

これ1つでアンプやエフェクターの音が出力できるのでスタジオや練習の時に便利です。
ドラムパターンも40種類あるのでギターの練習に最適ですね。

見た目がかっこいいからGE200を買うギタリストも多いですね。
ペダルを踏んで音を変えながらギターを弾くのも楽しくなります。

多くのアンプモデリングやエフェクター、キャビネットなど200まで設定できるプリセットが魅力的ですね。
新しく出たGE300との違いやGE200の使い方なども合わせてご紹介していきます。

MOOER GE200のエフェクター

MOOER GE200は高機能なのに4万円ぐらいで買えるのですが中国製のメーカーだからということです。
中国のメーカーですがグローバルに展開している企業で世界中のアーティストに利用されていますね。
マニュアルも英語・スペイン語・中国語と揃えており色々な国で使われているギターでおすすめのマルチエフェクターということがわかります。
デザインも美しいです。
安っぽさは全くなくBOSS GT-1と比べても高級感のあるデザインです。

パソコンとマルチエフェクターをつなぐこともできます。
GE200ならCubaseのようなDAWソフトともUSBで接続をすれ音源として入力することも可能なので、ヘッドホンとかギターのシールドなどの全てがMOOER GE200に接続できるので音のベースになる機器になります。

MOOER GE200は操作感も素晴らしく良いですね。
ディスプレイが見やすく、音作りが直感的に操作できます。

アンプモデリングで有名なアンプを再現

MOOER GE200の大きな魅力がMooer Micro Preampシリーズです。
55種類の人気のアンプを再現したアンプモデリングが入っているということですね。

自宅で練習をする時には1台のアンプしか使えないものですが、アンプモデリングがあれば色々なアンプの音で演奏することができます。

例えば、MOOER GE200でマーシャルのアンプを再現したい場合、ベースになる音だけでも3種類あります。

  • Marshall JCM800
  • Marshall JCM900
  • Marshall Plexi 100

Marshall JCM800だけでも20万円近い価格のアンプなので音にこだわるギタリストにとってはワクワクするのではないでしょうか?

音の設定は3.5インチの画面で選択や決定の操作ができます。
フルカラーのディスプレイなので見やすいですね。

MOOER GE200のアンプで音質を変える

AMPを選ぶ時にはアンプのモデル名をMOOER GE200の画面で選ぶだけです。
MODEL NAMEが、「65US DX」 を選べばFender 65 Deluxe reverbが使えるということです。
どんなアンプが使えるか下が一覧ですね。

これはMOOER GE200のマニュアルとして一覧になっていてダウンロードもできます。

MOOER GE200のアンプモデリング一覧

  1. Fender 65 Deluxe reverb
  2. Fender 65 Twin Reverb
  3. Fender 59 Bassman
  4. Fender Super Sonic
  5. Fender Blues Deluxe clean channel
  6. Fender Blues Deluxe
  7. Marshall JCM800
  8. Marshall JCM900
  9. Marshall Plexi 100
  10. Engl E650 Clean
  11. Engl E650 Distortion
  12. Engl E645 Clean
  13. Engl E645 Distortion
  14. Engl EN650 Blackmore Clean
  15. Engl EN650 Blackmore Distortion
  16. Mesa Boogie MARK III Clean
  17. Mesa Boogie MARK III Distortion
  18. Mesa Boogie MARK V Clean
  19. Mesa Boogie MARK V Distortion
  20. Mesa Boogie Triple Rectifier Clean
  21. Mesa Boogie Triple Rectifier Distortion
  22. Orange Rockerverb Clean
  23. Orange Rockerverb Distortion
  24. Orange AD 30
  25. Orange OR 50
  26. Soldano SLO-100 Crunch
  27. Soldano SLO-100 Distortion
  28. DR.Z Maz18 Jr
  29. DR.Z Z-Wreck
  30. Jet City JCA100H Clean
  31. Jet City JCA100H Distortion
  32. Roland JC-120
  33. Vox AC30 Clean
  34. Vox AC30 Overdriven
  35. Hiwatt DR-103
  36. Peavey 5150 Clean
  37. Peavey 5150 Distortion
  38. Tone King Falcon Rhythm
  39. Tone King Falcon Tweed
  40. Tone King Falcon Lead
  41. Two Rock Coral Clean
  42. Two Rock Coral Overdriven
  43. Two Rock Cardiff
  44. EVH 5150 Clean
  45. EVH 5150 Distortion
  46. Blackstar HT Stage 100 Clean
  47. Blackstar HT Stage 100 Distortion
  48. Diezel Hagen Clean
  49. Diezel Hagen Overdrive
  50. Diezel Hagen Distortion
  51. Koch Powertone Overdrive
  52. Koch Powertone Distortion
  53. Acoustic simulator 1
  54. Acoustic simulator 2
  55. Acoustic simulator 3

Jazz Chorusと呼ばれる名機のアンプのRoland JC-120も入っていますね。
このベースとなるアンプを選んでエフェクターをかけて音を出力するということになります。

MOOER GE200はエフェクターも70種類以上

MOOER GE200はエフェクターも70種類以上あり豊富です。

MOOER GE200エフェクター

ディスプレイでエフェクターのブロックを選択していく感じですね。
順番に音のセッティングをしていきます。

エフェクターのブロックで、20種類の歪み系のオーバードライブや8種類のワウ/コンプレッサーコンプレッサー、ドライバー、ノイズゲート、イコライザー、19種類のモジュレーション、ピッチ、フィルター、9種類のディレイ、7種類のリバーブなどから設定していきます。

歪み系の種類も多いのでクランチの音作りなどもアンプのモデリングベースと組み合わせて、1つセッティングしておくと曲によっては便利ですね。

MOOER GE200にはペダルが付いており、ディレイなどをペダルでコントロールすることができます。
かかとで踏むと音のレベルは下がって、つま先で踏むとエフェクターのレベルが上がるという使い方ですね。

リズムマシーンとしても40種類のドラムパターンと10種類のメトロノームが付いており練習に最適なのでおすすめです。
チューナーも付いているので音程が調整できるのでギターを弾く前から使えます。

MOOER GE200のレビュー
良いレビューとしては高級感がありコンパクトなので持ち運びに良いという声があります。
ヘッドホンを接続して夜にギターが練習できますね。

悪いレビューは、音が硬いという声もあります。
イコライザーの設定も関係するので好みの音に仕上げていきましょう。


MOOER GE200


¥37,584
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)




●簡単に音のセッティング
●200種類のプリセット
●3.5インチカラーディスプレイ

MOOER GE150やGE300と比較

MOOER GE200には新しく出たGE150やGE300が存在します。
フットペダルの数やエフェクターの数が異なってきます。

MOOER GE150 MOOER GE200 MOOER GE300
サイズ 230×155.99×32.8 mm 297×145.5×45.5mm 410×201×62mm
重さ 1kg 1.4kg 3.0kg
プリセット 200 200 256
エフェクト 151 152 164
フットスイッチ 2 3 10
MIDI なし なし あり
リズムマシン あり あり なし
価格 ¥20,304 ¥37,584 ¥85,199

価格の比較はAmazonの2019/9/29の時点ですので変わる場合があります。

MOOER GE150と比較

MOOER GE150とMOOER GE200を比較すると違うのはフットスイッチの数と画面のサイズです。
GE150は操作をするディスプレイが一回り小さくフットスイッチも1つ少ないですね。

MOOER GE150の良い所はコンパクトで軽いということ。
比較をして気になるところは接続順が変更できないことですね。

エフェクターは同じスペックといっても良いでしょう。
MOOER GE200がコンパクトになったのがGE150と言った感じです。

AUX INでスマートフォンなどの外部での音の素材を接続することもできます。
GE150はMOOER STUDIOというものがあり、WindowsまたはMacのパソコンとUSBで接続してダイレクトレコーディングをすることが可能です。
この機能はMOOER GE200にもあります。

MOOER GE150とMOOER GE200を比較すると価格も安くペダルの数以外は機能も同じなのでお買い得に感じますね。
エフェクターの数はほぼ同じです。
ではなぜGE150にはネットでレビューが無いの?って思われるかもしれませんがGE150の方が後から発売されているのでGE200の方が発売期間が長いのでレビューが多いわけですね。


MOOER GE150


¥20,304
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)




●コンパクトで持ち運びが便利
●GE200と同じエフェクト機能
●デザイン性の高い筐体

MOOER GE300と比較

MOOER GE300はハイスペックなマルチエフェクターです。
練習用というよりもスタジオでレコーディングするための機材といったほうが良いでしょう。
フットペダルは10個ありGE200と比較しても2倍の違いがあります。
アンプモデリングもGE200は55種類ですがGE300では108種類あります。

MIDIを音源として扱う時点で他の2種類とは異なる位置づけなのがわかります。
ですので、リズムマシンは付いていません。

MOOER GE300は、トーンキャプチャー機能で音の表現力は自由になりました。
中級以上のギタリストにおすすめのマルチエフェクターです。


MOOER GE300


¥85,199
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)




●108種類のアンプモデル
●164種類のエフェクト
●トーンキャプチャー

まとめ

MOOER GE200のエフェクターのレビューを紹介するとともに、GE150・GE300との違いも記載しました。
MOOER GE200はフルカラーなので操作感がわかりやすいというのもメリットですね。

安く買うならGE150はおすすめです。2万円ぐらいで買えますので単品のエフェクターと比べるとかなりお得。
GE300はもはやプロレベルの仕様とよべるマルチエフェクターですね。

レビューの評価が高く実績が多い方が安心ということであればMOOER GE200がおすすめです。


エフェクターでこだわりのあるアーティストの方へ関連記事があります。
>>【おすすめ】Ibanez Tube Screamer TS808・TS9・TSMINIはこだわりの歪み系エフェクター!

これを書いたひと

ヤマモトヤマのプロフィール画像

ヤマモトヤマ
40歳。キャンプと音楽が好きでギターは20年以上やっています。知っていることはどんどんまとめて楽しいブログにしていきます。

アドセンス


-ギター