キャンプのおすすめ情報

 

アウトドアの趣味はお金がかからないのでおすすめ

アウトドアとは

アウトドアの趣味はお金がかかりません。
最初に道具を揃える時にはお金がかかりますがあとは自然が舞台なので自由な時間を楽しめます。

どんな趣味であってもお金はかかりますが、キャンプなどのアウトドアはあまりお金のかからない趣味といって良いでしょう。
高尾山に登る場合でも入山料はかかりません。
ただひたすら下から頂上を目指して登るのみです。

アウトドアの意味は、「outdoor」のことで屋外(野外)のことですね。
outdoor lifeの略で使われる場合には、キャンプや登山など自然の中で過ごすことを指すことが多いです。または「outdoor activity」野外活動ですね。
ただし、どちらかというと休暇や遊びでよく使われる言葉です。仕事として農業や土方のことをアウトドアという言葉は使いません。

アウトドアの趣味

アウトドアの意味を知るために色々な側面から考える必要がありますが、一つのよく考えられる意味としてはアウトドア・インドアの比較でもよく使われます。
人となりを聞く時に「インドア派?それともアウトドア派?」という言い回しがありますね。
どちらの趣味で良いも悪いもありません。

外へ出かけたりスポーツをしたりと屋外で過ごすことはアウトドア。室内で読書をしたり音楽を聞いたりと中で過ごすことはインドアです。

キャンピングだけでなく最近ではグランピングなるものも出てきています。グラマス(魅力的)なキャンピングのことらしいですよ。

なぜアウトドアをするか

テントとたき火
アウトドアの意味や醍醐味はやっぱり自然の中で生活するという本能が人には備わっているのではないでしょうか。
自然の中でアウトドア生活をするというのは、何か忘れかけていた大事な感覚を思い出す気がします。

アウトドアは大好きなのですが楽しいからという理由よりもホッと一息つきたくなって行きたくなります。
建物の中に普段いる人こそ自然の中にいる喜びの意味があるのではないかと思います。

アウトドアはお金がかからない

アウトドアの中でも特に山歩きなどはお金はかかりません。
ただ山を登るだけです。

元気であればキャンプなどのアウトドアでお金がかからずのんびり過ごせるのでおすすめです。
お金がかかるのはテントやカトラリーを買ったりする最初だけです。
キャンプ場に止まっても一人1000円前後なので旅館に宿泊するのとはちがいますね。

主なアウトドアはあまりお金はかかりません。

  • キャンプ・山歩き
  • スキー・サーフィンなどの屋外スポーツ
  • カヌー・ボート・釣りなど川や海のレジャー

自然の中で遊ぶというのはお金が無くても楽しいものです。
道具はお金はかかりますが、それは最初だけです。
色々なアウトドアで遊ぶ道具をそろえていくと趣味の幅が広がって有意義ですね。

アウトドアでキャンプ関連の主なメーカー

アウトドア関係でもブランドによって得意なジャンルが違っていて、それぞれ特長があります。
モリパークのアウトドアヴィレッジに行くとアウトドアメーカーのそれぞれの雰囲気がよくわかります。

アウトドアの道具

アウトドア用品

アウトドア用品は色々な種類がありショップに行ってもとても楽しいですね!

  • スノーピーク(snowpeak)・・・日本のアウトドアメーカー。テントからバーナーまでおしゃれなアウトドア用品を広く取り扱う。
  • コールマン(Coleman)・・・アメリカ。ランタンのイメージですね。コールマンのLEDランタンも人気です。テントアウトドアチェアの種類も多い。
  • THE NORTH FACE・・・アメリカのアウトドアメーカー結構高いイメージ
  • モンベル(mont-bell)・・・日本を代表するアウトドアメーカー。リュックの種類が多い。茶せんなどもある。

アウトドアファッション

  • Columbia(コロンビア)・・・アメリカのメーカー。服もカラフルなもので色々とみかけます。
  • パタゴニア(patagonia)・・・アメリカのアウトドア全般のメーカー。登山&サーフィンとか水着のイメージ。
  • アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)・・・アメリカ。キャンプ用品が始まりですがファッションのイメージの方が強い。