焚き火のおすすめ情報

 

焚き火シートのおすすめ!キャンプ場ではスパッタシートが便利

焚き火のスパッタシート

焚き火の時に地面が焦げてしまったという経験はありませんか?

焚き火シートがあればキャンプの「下にある石や植物まで燃やしてしまった」と悩んでいる方には防火ができて便利です。自然を愛するキャンパーさんにはおすすめですね。

焚き火で地面を防火をする時におすすめなのがスパッタシートです。
防火シートに焚き火台や薪グリルをのせるだけです。

とくに「直火が禁止のキャンプ場」で活躍します。
スパッタシートがあれば低い位置で焚き火ができるので便利。

直火が禁止でもスパッタシートで直接、地面を焦がさなければ良いわけです。
キャンプの時に1枚あると便利なので人気ブランドなどを厳選してご紹介します。

直火禁止のキャンプ場

昔はあまりなかった直火禁止のキャンプ場ですが、最近ではちょこちょこ見かけるようになりました。

特にキャンパーが困るのが芝生サイトの場合です。
芝生で直火禁止だと炭が落ちたら燃えてしまうので、ちょっと怖いんですよね。

そういう時にはスパッタシートを下に敷いてから、シートの上に焚き火台を置くと火花から大地を保護し、熱のダメージから地面を守ることができます。
ちなみに、始めに火を付けるときには風に強いZippoがおすすめです。

スパッタシートで芝生を焚き火から保護

出典:Amazon ロゴス(LOGOS) たき火台シート サイズ:80×60cm

後は、秋や冬などで地面に燃えやすい落ち葉がある時にも、火事を防ぐためにスパッタシートがあると安心です。

ちなみにスパッタシートで焚き火台を自作するキャンパーもいますが、ハトメに引っ掛けて空中に浮かせて使うのはあまりおすすめできません。
シートを上げて燃やすタイプのものはメッシュが多くスパッタシートとは違うからです。

ロゴスのメッシュファイヤーピット

これはファイヤーピットというメッシュタイプの焚き火台なので、スパッタシートとは違いますね。
メッシュのシートで空気が通るので炭が燃えやすいので、これはこれで便利です。

スパッタシートの場合には、ある程度の重さがあるので少しの風なら心配はないのですが、焚き火台のようにスパッタシートを上にあげてしまうと強風が吹いた時に危険です。

スパッタシートの使い方は、四隅には石などで重しをする。または、ハトメを付けてペグで止めると良いですね。

焚き火シートとは?

焚き火シートとは何かというと下を防火するスパッタシートのことです。
不燃素材で地面を保護できるのがメリットで、火の粉で芝生などを焦がさないようにします。

ですので、キャンプ場だけでなく建築現場などの工事でもスパッタシートは使われます。
溶接や飛び散る火花から下や周りを保護するために使うものですね。
1000℃ぐらいまでは養生するシートとして使えます。

ほとんどのスパッタシートはガラス繊維なので肌触りは少しチクチクします。
肌が敏感な方は手袋をすると良いですね。

焚き火シートのおすすめ

焚き火の時におすすめのスパッタシートです。
火傷をしないようにキャンプ用のグローブもあると良いでしょう。

スパッタシートのメーカーはそれほど多くないのですがトラスコ中山のスパッタシートはアウトドアでも定番ですね。

小さな焚き火シート:トラスコ スパッタシート DX

TRUSCO(トラスコ) スパッタシートDXは、小さめの焚き火シートでAmazonでも人気です。

燃えている薪がスパッタシートに落ちても大丈夫

サイズがミニサイズで焚き火にちょうど良いです。
610×610mmなので1~4人ぐらいまでは使えるサイズです。
大き過ぎないのでソロキャンプにも丁度良いですね。

トラスコ スパッタシート DXのレビュー

  • 焚き火の灰や炭が地面に直接落ちないように敷いています。
  • 繊維がそれほどチクチクしないのが良い。同じ場所で何回も折りたたむと傷んで穴が開くことがあります。
  • 焚き火台の下に敷いて使っていますが、不燃性が高くおすすめ。


トラスコ スパッタシート DX


¥2,997
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


トラスコ スパッタシート DX

  • 610X610mm
  • ハトメ数:なし
  • 耐炎繊維生布

トラスコ中山 スパッタシートアルファー

TRUSCO(トラスコ) スパッタシートアルファーは、ガラス繊維ではないのでチクチクしない素材です。

トラスコ スパッタシートアルファーはシートの触り心地も気にならないので使いやすく、難燃性の素材でおすすめです。
耐炎繊維織物にシリコンの片面加工がされています。シートは平織りでアスベストのような有害繊維が無く安全です。
トラスコのなかでは920×920mmで0.43kgと軽いタイプですね。

スパッタシートアルファーのサイズは、4種類あるので必要に応じて適切な大きさを選びましょう。

スパッタシートのサイズ

  • 1号:920x920mm ¥3,328
  • 2号:920x1920mm ¥7,097
  • 4号:1920x1920mm ¥12,978
  • 6号:1920x2920mm ¥19,984
  • ロール:1000mmx30m ¥71,878

価格はAmazonではその時によって変わります。
ご参考までとしてください。

TRUSCO(トラスコ) スパッタシートアルファーのレビュー

  • 芝生の上に敷いて、焚き火台をのせて使っています。920x920mmのサイズは丁度よい。
  • 炭が下に落ちないようにしています。下が燃えないので安心感があります。
  • 薪ストーブの下に敷いています。おすすめです。


TRUSCO(トラスコ) スパッタシートアルファー 1号


¥3,328~
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


TRUSCO(トラスコ) スパッタシートアルファー

  • トラスコ中山
  • 920x920mm
  • ハトメ数:4

防炎シート1m×1m NIJIAKIN

NIJIAKINの防炎シートは、焚き火の「火の粉」がシートにあたっても大丈夫です。
薪ストーブの周りに敷いて周囲を保護することにも使えます。

ガラス繊維のグラスファイバーで800度までの耐性があります。
瞬間的には1500度までOK。

防炎シートNIJIAKINのレビュー

  • いざという時のために火災予防として買いました。開けるとガラス繊維なのでチクチクします。
  • キャンプで焚き火台の下にしいて使っています。
  • 保管の袋が付いていて、生地もしっかりしています。安くてコスパが良いですね。


防炎シート 1m×1m  NIJIAKIN


¥1,399
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


スパッタシートで防炎シート

  • 耐熱のガラス繊維
  • 耐熱作業温度は800℃
  • 瞬間使用温度は1500℃

ICHIFUJI スパッタシート 瞬間耐火温度1500度

ICHIFUJIのスパッタシートは瞬間耐火温度1500度まで対応可能な耐火シートです。
コストパフォーマンスに優れ評価も高いためAmazon’s Choiceの商品です。

プロも使う商品で溶接ではノロや火花にも耐えられます。
柔らかい素材ですがガラス繊維なので皮膚がチクチクすることもあるので注意です。

ICHIFUJI スパッタシートのレビュー

  • テントで薪ストーブを使う時に使っています。縫製も丁寧で良いです。
  • 1m*1mで900gあるのでバイクに乗せるとちょっと荷物になりますがキャンプで活躍しています。
  • 焚き火台をのせて使ってますが芝も焦げずに安心感あります。


ICHIFUJI スパッタシート


¥1,950
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


ICHIFUJI 防炎のスパッタシート

  • 1m*1m
  • 耐熱作業温度は700℃
  • 瞬間使用温度は1500℃

フェルト スパッタシート YS-F2-11 吉野

フェルト スパッタシート YS-F2-11 /1-3614-01 吉野
吉野の耐炎繊維フェルトのタイプでハサミでカットすることができます。
フェルトなので軽くて柔らかいのが特徴です。

耐熱温度は連続で250℃、瞬間は1300℃まで耐熱できます。使う場合は水をまくと良いです。
焚き火だけでなく溶接・溶断などで発生する火花やノロから地面を守ります。
サイズは1mの正方形です。(幅1000×長さ1000×厚み2.0mm)
JISA1323A種合格品防炎性能試験適合品。

価格:¥3,173
(価格は変動します。)

TRUSCO(トラスコ) スパッタシートゴールドα 1号 シリカ繊維

TRUSCO(トラスコ) スパッタシートゴールドα 1号 シリカ繊維
シリカ繊維(高耐熱ガラス繊維)のスパッタシートです。
トラスコの「スパッタシートゴールドα 1号」はノロ受け作業用で火花やノロをシートに付着させるという特徴があります。

幅が820mm×長さが920mで厚みが0.81mmです。サイズとしてはキャンプやBBQで使いやすいですね。
RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)を含んでいないので安全です。

スペック

  • JIS A 1323 A種合格第55221号
  • (財)日本防炎協会防炎性能試験 試験番号 C 2120012
  • 重量:0.63kg
  • ハトメ数:4
  • 種別:1号

価格:¥4,618
(価格は変動します。)

スパッタシートは焚き火台に合うサイズ

スパッタシートは焚き火台に合うちょうど良いサイズを選びましょう。

ピッタリサイズのスパッタシートを選んだほうが安く買うことができます。

サイズとしては1m×1mあれば、ほとんどの焚き火台をのせられます。
小さくてちょっと不安であれば一回り大きいサイズを選びます。

ただし、大きすぎるのはデメリットになります。
ガラス繊維のスパッタシートの場合には同じ場所を踏みつづけたりするとボロボロになってしまう可能性があるからです。
解決方法としてはちょっと大きいという場合は折りたたんで使いましょう。

大きいサイズのスパッタシートが良い場合は薪ストーブやウッドデッキで使う時です。
真冬のキャンプではテントの中で薪ストーブで暖を取ることも多いですね。
そのような時にはテントの中で灯油ストーブを使うので、一回り大きめのスパッタシートを敷いておくと安心ですね。
テントの素材はポリエステルが多く燃えやすいからです。

もしくはスノーピークの焚火台のように、専用の炭床が敷けるオプションがある場合もあります。

まとめ

スパッタシートは大きく分けると、「ガラス繊維」の素材と「耐炎繊維」に分けられます。
ガラス繊維は熱に強いですがチクチクする場合があるのがデメリットです。
ですが、スパッタシートといえば「ガラス繊維」が一般的で実績が豊富なので、防火という面では安心して使えます。

「耐炎繊維」といえばTRUSCOのスパッタシートアルファーが人気。
溶接のノロ受け作業をキャンプで行うわけではないので、「耐炎繊維」で十分です。

ちなみに、焚き火シートはアルミホイルで代用するひともいます。
直火が禁止のキャンプ場で急遽必要になった場合は100均でアルミホイルを買ってコンロの下に敷くのも良いでしょう。
でも、ちょっとみっともない感じもするので、キャンパーさんならスパッタシートを1枚もっておくと便利ですね。

・関連記事
スノーピークから新しいモデルのグローストーブという灯油ストーブが出ました。
スパッタシートと合わせて使うと良いですね。

・焚き火関連の記事
焚き火の臭いを消す方法では、煙が髪や服に臭いが付いたりすることにお困りの方におすすめの記事です。