焚き火のおすすめ情報

 

焚き火用グローブおすすめ7選!キャンプで手を守るために必須

焚き火用のおすすめグローブ
焚き火用グローブのご紹介です。

キャンプでは焚き火はメインのイベントです。
焚き火では薪を割ったり火を使ったりして素手では危険にさらせれます。
とげが刺さったり火傷やけどをしないように、革のグローブなど手袋をして手を守りましょう。
耐熱性のグローブではおしゃれなレザーのものもあります。

焚き火はグローブで手を守る

怪我をせずにキャンプで調理やBBQを楽しむためにグローブは必要です。耐熱グローブであれば、400度ぐらいまで使えるものもありますが、キャンプ用グローブは全て耐熱性があるものばかりではありません。
外側が牛革で内側が綿が詰まっているだけのものも多いです。

焚き火用のグローブは分厚いので手が動かしにくいため火傷には十分注意です。
なるべくグローブをはめて手を守るようにしましょう。

焚き火で便利なツールもまとめてみました。

ツールの中でも火傷をしないように優先順位が高いのはグローブですね。

キャンプ用グローブの選び方

キャンプ用グローブの選び方として、大事なことは2つあります。

  1. キャンプ用で作業をするためのグローブ
  2. 焚き火用で火傷をしないためのグローブ

作業用か調理用なのか、メインで使う方を決めておいた方がグローブを選びやすいでしょう。

薪を割ったり切ったりするような場合はソフトレザーで握りやすく、グローブが短い方が作業性が良いです。

火傷防止の耐火グローブなら多少始めは固くて使いにくくても、しっかりした厚みがありグローブが長い方が安心です。

注意
価格が安いのは作業用グローブですが、耐火グローブとしては使えません。
手のひらが熱くなるので注意です。

作業用グローブと防火手袋の兼用で使えるPETROMAXのような手袋も存在します。

焚き火でグローブを使っていると煙の臭いが付いたりします。下記もご参考ください。
>>焚き火の臭いを消す方法

グローブの洗濯はしない方が良いです。
私の失敗談になってしまいますが、洗うと皮のグローブは乾きません。

ススの汚れがついていても当たり前、という感じでグローブを使いましょう。

耐熱グローブとは

オーブンを持ったりメスティンを上げたりする時に軍手を使っていると熱い時があります。
焚き火ハンガーにケトルをかけていたりすると、鉄の棒が熱くなったりします。

タオルで熱い調理器具を持つと滑りやすいので、耐熱グローブが便利です。
とくに革のグローブなど手袋の厚みがあるものは火傷の心配なく安全ですね。

スタンコの耐火グローブのようにデュポンのケブラー糸を使っている商品もあります。爆発物処理の防護服で使っているような難燃性の高い糸を使っているのが特徴ですね。

キャンプ用のグローブおすすめ

キャンプ用のグローブとしてはキンコが人気があります。

コールマンやスノーピークなどアウトドアメーカーからそれぞれキャンプ用のグローブが出ています。

いつも使うお気に入りのブランドからグローブを選ぶのも良いですね。

キンコグローブ

キンコグローブ(Kinco Gloves)は、「UNLINED SPLIT COWHIDE LEATHER DRIVER」と呼ばれる革の手袋で人気があります。

アメリカ発のキンコグローブがあればキャンプの大抵の作業は大丈夫です。

焚き火の作業にちょうど良いですね。パッと手袋をつけたり外したりするのも楽です。
サイズはS・M・Lから選べます。

Kinco Gloves キンコグローブ 50 COWHIDE DRIVERSのレビュー

  • 手袋の色合いも良い感じです。
  • プレゼントをしましたが喜んでいました。
  • コストパフォーマンスが良いです。


Kinco Gloves キンコグローブ 50 COWHIDE DRIVERS


¥2,620
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


Kinco Gloves

  • メイン素材: レザー(牛革)
  • サイズ:S・Mで選択可能
  • 品番:50

グリップスワニー(GRIPSWANY)G-70 キャンプグローブ

グリップスワニー(GRIPSWANY)G-70 キャンプグローブは、老舗のメーカーでバイク乗りのグローブも作ったりしています。G-70はタフなアウトドア向けのグローブでおすすめです。

作りがしっかりしているレザーのグローブです。
サイズは小さめなので一回り大きいものを選ぶのがおすすめです。
サイズはS・M・L・XL、キッズ用も選べます。大きさを選べるので女性の方でもフィットする手袋が選べますね。

グリップスワニー(GRIPSWANY)G-70 キャンプグローブのレビュー

  • Lサイズだと男だと小さいです。
  • 最初は革なのでちょっと硬いですが少しづつ馴染んできます。
  • 袋を開けたら糸くずが付いていました。それ以外は問題なし。


グリップスワニー(GRIPSWANY)G-70 キャンプグローブ


¥3,850
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


グリップスワニー(GRIPSWANY)G-70 キャンプグローブ

  • 素材:牛革100%
  • サイズ:S・M・L・XL
  • 人気のキャンプ用グローブ

スノーピーク(snow peak) ファイヤーサイドグローブ

スノーピークの焚き火用グローブは、厚手でオーブンを移動したり薪を移動したりするのにピッタリです。

耐火性が高くしっかりしたグローブで、難燃性のあるコットンを使用しています。
キャンプでは何かと作業ですぐに手を入れたり外したりします。
大きめサイズなので着脱しやすい手袋です。

スノーピーク ファイヤーサイドグローブのレビュー

  • サイズは少し大きめです。デザインがカッコイイ。
  • 品質が良くて長く使えるグローブですね。
  • ちょっと高いけど製品の性能は良い。女子には大きいかも。


スノーピーク(snow peak) ファイヤーサイドグローブ


¥7,040
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


スノーピーク(snow peak) ファイヤーサイドグローブ

  • サイズ:全長約340mm
  • スエード革
  • インナー:ポリエステル×コットン

スタンコ 耐火グローブ

アメリカの耐火グローブといえばテキサスのスタンコです。
燃えにくいデュポン社のケブラー糸を使用しています。

STANCO(スタンコ)の耐火グローブは色によって耐火温度が異なります。

耐熱温度約400度
ST-2018(ブルー)、ST-2007(ブラック)

耐熱温度約300度
ST-2020(オレンジ)

STANCO(スタンコ) 耐火グローブのレビュー

  • 熱いオーブンを持つのに使っています。ちょっと高いけど重宝してます。
  • キャンプで鉄板を使うことがあるので使っています。
  • 安物のグローブと比べると熱が伝わりにくいと思います。


STANCO(スタンコ) 耐火グローブ


¥4,290
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


スタンコ 耐火グローブ

  • 耐熱温度:約300度-400度
  • 牛皮
  • ケブラー糸(デュポン社製)

キャプテンスタッグ レザーグローブ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) は薪入れなども作っており、アウトドアの定番のメーカーです。
レザーグローブは、価格も安いので初めてキャンプ用のグローブを使う初心者の方にはおすすめです。

本格的なレザーですが柔らかく女性でも握りやすいのが特徴ですね。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レザーグローブのレビュー

  • 鍋を持つと熱いので耐熱性はあまりないですね。
  • おしゃれなので気にいってます。柔らかくて使いやすいです。
  • 結構大きめに作られています。耐熱性はない。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レザーグローブ


¥1,262
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


キャプテンスタッグ レザーグローブ

  • 重量(約):190g
  • 素材:牛革
  • 色 イエロー

コールマン ソリッドレザーグリルグローブ2

ランタンでおなじみのコールマンです。
アウトドアといえばコールマンのファンは多いでしょう。

コールマンの耐火グローブは「ソリッドレザーグリルグローブ2」という手首まで保護できる手袋があります。
ロゴマークもグローブに入っています。牛革で熱に強いタイプで腕に飛んでくる火の粉も防げます。

価格的には店舗によってかなり差があります。2020年8月3日の時点では楽天市場よりAmazonの方が安いですね。

コールマン ソリッドレザーグリルグローブ2のレビュー

  • 手首まで守ってくれるので安心感があります。
  • 火傷をしたくないのでしっかりしたグローブを選びました。
  • プレゼント用としてコールマンのグローブを贈りました。


コールマン ソリッドレザーグリルグローブ2


¥4,894
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


コールマンのグローブ

  • 重量:約300g
  • 素材:牛革
  • サイズ:約34cm

PETROMAX アラミドプロ 300 グローブ

PETROMAXはドイツのランタンのブランドでキャンプアイテムでは根強いファンが多いですね。

PETROMAXは「アラミドプロ 300」のグローブが人気があります。
アラミド繊維という高耐熱性があり高強度を誇ります。

焚き火の作業性やオーブンなどの耐熱性などを考えるとキャンプで一番おすすめのグローブです。

PETROMAX アラミドプロ 300 グローブのレビュー

  • コストパフォーマンスが良いです。
  • 少し大きめですが長さもあるので安心。
  • ペトロマックスが好きなので買っちゃいました。


PETROMAX アラミドプロ 300 グローブ


¥3,980
(価格はAmazonの値段を表示しており変動します)


PETROMAX アラミドプロ 300 グローブ

  • 耐熱温度 : 300度
  • アラミド繊維
  • 防火手袋

まとめ

焚き火や調理などキャンプで使えるグローブのご紹介でした。

キャンプで使う耐火グローブといえば革製でゴワゴワした手袋のイメージも多いと思います。
アウトドアは雰囲気も大事なので黄色の革製手袋も良いですね。

革にこだわらなければPETROMAXやスタンコのような新素材のグローブは柔らかくて使いやすいです。

正直なところ安い革製のグローブを選ぶなら、ホームセンターで安いグローブを買ってもあまり大差は無いでしょう。

3000円以上のものであればきちんと縫製も耐火性があるものを使っているものが多いためおすすめです。

焚き火の関連記事
焚き火では斧はあると便利な道具です。
火が付きやすいように細く薪を割る時など、ハスクバーナの手斧は短くて使いやすいのでキャンプでおすすめです。