ギターのおすすめ情報

 

エレキギターの入門セットは初心者におすすめ!最初にそろえる道具

ギターセット
エレキギターの入門セットについておすすめをまとめました。
これからギターを弾きたいという初心者の方には、ぜひご参考ください。

「初めてのエレキギターはセットと単品どちらが良いのでしょうか?」
最初にギターを買う時には誰しもが通る悩みどころです。

結論を先に言ってしまいます。
欲しいギターは演奏スキルや知識が増えると変わってきます。
初心者の方はエレキギターギターと必要な道具をセットで買った方が安いです。
こだわりが出てきたら一つづつ買い直す方がスタートが速いですね。

初心者がエレキギターで最初にそろえる道具

初心者の方はこれからギターを楽しむために必須の道具です。
まず、初心者がギターを始める時にそろえる道具をまずまとめてみました。

  • ギター
  • アンプ
  • シールド
  • ストラップ
  • ギタースタンド
  • エフェクター
  • ピック

ギターセットがあればすぐにはじめられます。
どの道具もエレキギターで演奏するには必要になります。
それでは一つづつ解説していきます。

エレキギター

一番大事なのはギターですね。
ストラト、テレキャスター、レスポールなどの形によってギターの音は変わります。
エレキギターのセットでもギターのタイプを選ぶことができます。

音を拾うマイクがエレキギターに付いています。
シングルコイルとハムバッカーです。
シングルの方が音の切れが良く、ハムバッカーの方が音が太いです。
エレキギターを選ぶ時にはどちらのピックアップが付いているかチェックしましょう。

ストラトキャスターのセットは入門者に最適

YAMAHA エレキギター 初心者14点セット

ストラトキャスターは初心者でも弾きやすいのでおすすめです。
ギターは重すぎず高音のフレットも握りやすいシェイプです。

ヤマハのギターは安いものでもコストパフォーマンスが良いので入門セットとして良いですね。
ピックや弦、スタンドなど必要なものが一通りそろっています。

初心者向けのエレキギターはストラト以外ではレスポールタイプも人気があります。

レスポールの場合には購入しやすい価格帯のエピフォンが初心者には良いでしょう。

ギターアンプ

最初にセットを揃える段階ではギターアンプは大きなものは必要ありません。小さなアンプでも鳴りますしスタジオでも使えます。
10から15W前後(1万円)ぐらいのものでも良いと思います。練習用の小さなアンプではバンドで行う時にはドラムにかき消されて聞こえなくなるので結局スタジオに行くしかないからですね。
初めてゲインを上げて歪んだエレキギターらしい音が出た時には感動ものです。

エフェクター

エフェクターも音の表現をするのにかなり大事です。
エレキギターをやるなら一番面白いところではないでしょうか。表現したい音を演出することができます。

主なエフェクターとしては、オーバードライブ、ディストーション、エコー、ワン、イコライザーなどがあります。
今だとパソコンで音の加工もできると思いますが、ギタリストならギターを弾きながら踏んで音を変えたいですね。

シールド

シールドはアンプがあるならつなげるために必要になります。
シールドは冬場などは結構断線しますのであまり高額なシールドは必要ないと思います。

ほとんどの場合はジャック近くのところで断線します。
カールしているタイプのシールドでもストレートのタイプでも同じように断線してしまいます。

ストラップ

ストラップは初心者でもギターのセットとして必要になりますがストラップは立って弾く機会が無ければ最初は不要かもしれません。
ストラップは立って弾く練習として必要になります。
上から掴む場合にはFなどの握りを変える場合もあります。

ちなみにシールドをギターに差す時に、ストラップのところで一度巻いてギターに差すと動いた時にスポット抜けてしまったり、シールドを引っ張って断線することを防げます。

ギタースタンド

ギタースタンドはあった方が良いです。壁に立てかけていたものが倒れてネックが折れるようなことがあってはいけません。
ギタースタンドは1000円前後ですので。

ギターセットにはギタースタンドがたいていついています。スタンドに立てておけばいつでもギターをパッと弾くことができます。

ピック

ギターのピックはサイズや硬さ、形によって音が変わります。弾きやすさにも大きく影響します。
速く弾くような場合は小さく力強く弾くような場合は大きくなります。形状が尖っていれば音もシャープになります。
ピックは100円~500円ぐらいで高いものではないので色々と試したいものですね。

ギターの弦

ギターの弦は太さによって音が変わります。弾きやすさも変わってくるので音を表現する部分としては大事なところです。

エレキギターの弦は、1弦のような細いものは切れますので消耗品です。エレキギターの弦の選び方にまとめました。
メーカーとしてはダダリオがおすすめです。有名なメーカーのものはきちんと品質管理されていいるためチューニングの狂いが少ないのでおすすめです。

ギターチューナー

ギターのチューナーはギターを弾く前に音階を合わせる大事なものです。

チューナーはギターを弾く時にはもちろんのこと、毎日使っていると弦がゆるんでくるので必ず弾く前にチューニングをします。
ギターセットに付いている場合は良いのですが、付いていない場合には音程を合わせるためのギターチューナーが必要になります。

エレキギターのセットの値段

ギターのセットはネットで販売されていますが、細々と買い替えなければ最初にセットで買ってしまった方が得です。

エレキギターのセットは4万円以内で買えます。
ブランドによって値段も変わりますが2万円から4万円が初心者用のセットの相場ですね。

安いから質が悪いということもほとんどありません。
ギターショップからすればリピーターになるかもしれない大事なお客さんだからです。

とはいえ、1世代前のモデルのチューナーのこともあります。

ギターの道具にこだわるタイプのひとは少しづつ買いそろえた方が良いでしょう。

エレキギターの初心者セットを選ぶコツ

  • 2万円以内のギターセットで弾きはじめてみる
  • ギターは見た目で好きなセットを選ぶ

チューナーやストラップなどはギターを弾くときには必要になりますし、色々と知識が深まってくるとどうしても買い替えたくなります。
ですが、まずは弾き始めるということが初心者の方にとっては大事なことでしょう。

ギターを始めるのに色々と考える前にまずはやってみようという場合には、楽天でセット品を買ってみるのも一つです。
本格的にやりたいと思ったら買いなおすことにはなると思いますが、1万円ぐらいならまずはやってみるというのも手だと思います。

楽天では13,000円で売っているギターセットがあります。
ピックアップセレクターも付いているので音色も楽しめます。

格安のギターセットでおすすめなのはバッカスのギターですね。
長野にある国産のギターメーカーで知名度はそれほどありませんが音の品質は一定の評価があります。
コストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

そもそもエレキギターをセットで買わずに、まずはZO3ギターを使うという方法もあります。
ZO3の場合にはアンプは内臓されているので不要になります。

ギターの関連記事
初心者なら中古のギターから初めてみるという手もあります。
ギターの中古相場についてフェンダーやギブソンなど有名なメーカーはどれぐらいの価格が相場なのか調べています。