キャンプのおすすめ情報

 

オピネルナイフのおすすめ8選!キャンプの調理で最適

オピネルナイフのおすすめ

オピネルナイフはキャンパーに人気のあるナイフです。
クラシックなデザインが魅力的で調理が楽しくなるナイフ

オピネルのナイフは世界的に使われており、全てフランスで作られています。
1890年にジョセフ・オピネルが開発したので「オピネルナイフ」という名前です。

シンプルで木製のグリップが美しくパブロ・ピカソも使っていたナイフとして有名です。

オピネルナイフの選び方

オピネルナイフは何を切るか、どんな素材のハンドルが良いかなどで選ぶと良いです。

小さなサイズのナイフは、子供には良いのですが大人が使うには握りにくいです。小指までグリップに引っかからないためですね。
キャンプで調理に使う時など、オピネルナイフのおすすめサイズは#8以上を選ぶとよいです。

キャンプナイフおすすめ

オピネル キャンプ用のナイフ

キャンプで使うナイフならオピネル#8が使いやすいですね。

折りたたみナイフ(フォールディング・ナイフ)はキャンプで一本あると重宝します。
料理にも使えるし、切れ味も良いのでテントやタープを張る時にちょっとテントロープを切りたい時にも便利です。

オピネルナイフ 薪割り

オピネルナイフでバトニング(薪割り)はあまり適していません。
というか、オピネルでバトニングは壊れる可能性があるのでもったいないですね。
素直に斧で割った方が良いです。

薪割りではハスクバーナの手斧がキャンプでおすすめです。
スウェーデン鋼で質が良いですよ。

オピネル ガーデンナイフ

OPINEL ガーデンナイフ

庭いじりでナイフを使うならオピネルのガーデンナイフがあります。
サイズとしては85mmのブレードで使いやすいサイズです。
オピネルナイフ#8と良く似ていますが、刃先の形状が違います。

オピネル キッチンナイフ

オピネルのキッチンナイフとして日常的に台所で使えるのは少し大きめの#12以上が使いやすいですね。
いわゆる包丁ということですね。

普段使っている包丁がオピネルの#12だったら、かなりオシャレですね。

オピネル 魚の料理に使えるフィレナイフ

魚の料理に使えるのは薄いブレードのフィレナイフです。オピネルの場合は刃が少し厚いですね。
オピネルのスリムナイフのシリーズがフィレナイフになります。
ブレードが柔らかく魚の皮をさばいたり肉を切ったりするのに適しています。

スリムナイフにはハンドルの木の種類がオリーブのタイプもあります。

オピネル 子ども用ナイフ

オピネル ラウンドティップ ナイフは、子供用のアウトドアナイフです。

初めてナイフを使うときに学ぶのには最適です。
教育の目的として子供が使うためのナイフがラウンドティップ ナイフですね。
なるべく安全になるように刃先が丸くなっているのが特徴です。

オピネルのまな板セット

オピネルのまな板セット

出典:Amazon OPINEL(オピネル)

オピネルナイフで調理をする時に必要になるのがまな板です。
オピネルファインにはたまらない「ノマドクッキングキット」というものもあります。

ナイフ3本とまな板、キッチンタオルが付いています。
ナイフはフランス製でカッティングボードはイタリア製です。
プレゼントにも良い感じですね。

オピネルナイフのブレードの種類

オピネルナイフの刃はステンレスとカーボンの2種類に分けられます。

ステンレススチール

ステンレスのオピネルナイフは錆びにくいの一番のメリットです。
キャンプで多少ラフに扱っても大丈夫な安心感はありますね。

オピネルナイフでステンレスとカーボンで迷ったら手入れが楽なステンレスがおすすめです。

ナイフの儀式とも呼ばれる事前準備が必要ないので、オピネルナイフを使ったことのない方や初心者のキャンパーさんも気軽に使うことができます。

カーボン

カーボンのナイフ

ハイカーボンスチール製の場合にはよく切れますが錆びやすいので手入れやメンテナンスも必要になります。
カーボンのメリットはステンレスに比べると切れ味が良く、研ぎやすいということですね。

オピネルのカーボンナイフの場合にはグリップのところに「Carbon」の文字が記載してあります。見分けるときにはグリップで確認できます。

黒錆加工をするにはブレードを外して紅茶に漬け込みます。
タンニンが鉄と反応して黒錆が付くことで長持ちするナイフになります。

オピネルナイフのおすすめ:刃のサイズ7cm以上

オピネルナイフは7cmより小さいものもありますが、キャンプなどで使うなら7cm以上のナイフがおすすめです。
大人の男性ならブレードが8.5cm以上あるNo.8以上のナンバーが握りやすいですね。
#6以上のサイズでは「ビロブロック」が付いており、刃を折りたたんで回すとロックできるという機能が付いています。

OPINEL(オピネル) ラウンドティップステンレス#7

OPINEL(オピネル) ラウンドティップステンレス#7 レッド 41491
オピネルナイフのラウンドティップ ナイフ NO.7です。刃の長さは7.5cm。

刃先が丸くなっている子どもが使うのに適したオピネルナイフです。切れるので子供が使うときには怪我をしないように見てあげる必要があります。
全長が17.5cmの小さなナイフです。

工作で何かを削ったり、ちょっとしたモノづくりに良いですね。ナイフの柄はレッドでブレードはステンレス素材です。

オピネル ラウンドティップ#7のレビュー

  • 子供も使えるので果物ナイフとして使っています。
  • キャンプ用で買いました。大人には小さいです。
  • 入学のプレゼントで子供にあげました。鉛筆を削れるようになると良いと思います。

スペック

刃のサイズ 7.5cm
ブレード ステンレススチール
ハンドル 天然木

オピネルナイフ#7 ステンレススチール

オピネルナイフ#7

オピネルナイフのステンレススチール#7です。刃の長さは8cm。
オピネルの#7は小さめで女性に使いやすいサイズですね。
刃を収めると10cmぐらいになってとてもコンパクトになります。

ちょっと果物を向きたい時とか小さめのナイフをキャンプに持っていくときにおすすめです。
小さいので登山に持っていくのにも良いですね。

オピネル#7のレビュー

  • 釣りに使っています。趣味で使うには最適ですね。
  • 男にはちょっと小さいので小指意外でグリップを握る感じです。
  • フルーツを切るのに丁度よいサイズ。

スペック

刃のサイズ 8cm
ブレード ステンレススチール
ハンドル ブナ

オピネルナイフ#8 ステンレススチール

オピネルナイフ#8

オピネルナイフのステンレススチール#8です。刃の長さは8.5cm。
オピネルの#8は男性でも小指までグリップに引っ掛けて握ることができます。

Amazon’s Choiceにも選ばれているオピネルナイフです。キャンプで使いやすいサイズです。

キャンプの時に料理をする時に丁度良いですね。
野菜をカットしたり、肉を切ったりすることができます。

オピネルナイフ#8のレビュー

  • プレゼント用として購入しました。
  • グリップは水で膨張すると刃が収まりにくくなるのでエゴマ油を染み込ませると良いです。
  • ロックリングが良くできている。どの方向にもぐらつきません。

スペック

刃のサイズ 8.5cm
ブレード ステンレススチール
ハンドル ブナ

オピネルナイフ#8 カーボンスチール

オピネルナイフ#8 カーボンスチール

オピネルナイフのカーボンスチール#8です。
カーボンのオピネルナイフなら#8はキャンプでは定番ですね。

カーボンのオピネルナイフは手入れも楽しみの一つと思える、ベテランのキャンパーさんにおすすめです。

パラコードやテントロープでストラップを作って自分のナイフというカスタマイズをしているひともいます。それだけ愛着がわくナイフということですね。

オピネルナイフ#8 カーボンのレビュー

  • カミソリのように良く切れます。使い終わったら洗って、ときどき砥石で研いでます。
  • 黒錆加工をした方が良いですね。紅茶を煮出したものと酢を混ぜてやりました。
  • 炭素鋼のナイフは良く切れます。海で魚をさばくために使っていますが、錆びるので手入れは必要。

スペック

刃のサイズ 8.5cm
ブレード カーボンスチール
ハンドル ブナ

オピネルナイフ#8 黒檀(コクタン)エボニー

オピネルナイフ#8 黒檀(コクタン)ステンレススチール エボニー

オピネルナイフの黒檀こくたんハンドルの#8(41528)です。
カーボンのエボニーが漆黒が美しいナイフ。
寄木細工などで使われる豪華なエボニー素材のオピネルナイフです。

スウェーデンで開発された12C27のステンレス鋼が使われています。

オピネルナイフ#8 エボニーのレビュー

  • 黒檀のナイフが欲しくて購入しました。とてもお気に入りです。
  • 折りたたみナイフをたくさん集めていますが中でもお気に入りの一つです。

スペック

刃のサイズ 8.5cm
ブレード ステンレススチール
ハンドル 黒檀こくたん

オピネル 645 No.10 スリム オリーブハンドル

オピネル 645 No.10 オリーブハンドル
オピネルナイフのオリーブのハンドルです。
通常のオピネルナイフと同じようにキャンプで使える折りたたみナイフです。

オリーブの木目が美しくいオピネルナイフ
ハンドルはオリーブなので抗菌性があります。

ブレードはスリムなタイプです。
柔らかい野菜のカットや魚料理に適しています。

※やわらかい刃なので薪割りには使えません。

オピネル オリーブハンドルのレビュー

  • オリーブの香りがするナイフです。
  • 天然の木なので木目にはあたりはずれはあります。
  • キャンプで調理するのに役立ってます。

スペック

刃のサイズ 10cm
ブレード ステンレス
ハンドル オリーブ

オピネルナイフのおすすめ:刃のサイズ12cm以上

ちょっと大きめのナイフになるのがブレードが12cm以上のタイプです。
包丁の代わりに使えるようなサイズです。

オピネルナイフ#12 ステンレススチール

オピネルナイフ#12

オピネルナイフのステンレススチール#12です。ブレードは12cmあります。
オピネルナイフ#12は包丁と同じぐらいのサイズ。

キャンプ用でさや付きの包丁を探している方にもおすすめです。
包丁の代わりに野菜や肉をカットするのに丁度よいサイズのオピネルナイフです。ハンドルも握りやすいサイズです。

アウトドアで料理用する包丁の代わりになるナイフとして最適です。

オピネルナイフ#12のレビュー

  • 屋外でバーベキューでグリルの調理用として使っています。
  • オピネルナイフとしては2本目。#7と比べると大きめで頑丈です。

スペック

刃のサイズ 12cm
ブレード ステンレススチール
ハンドル ブナ

オピネル フィレナイフ ブビンガ #12

オピネル フィレナイフ ブビンガ #12
オピネルのフィレナイフ ブビンガ #12です。
刃長は約12cmあります。

オピネルのフィレナイフは魚をさばくための包丁です。
ブレードはスリムで柔軟性があり魚の背骨にそって魚をおろすことができます。

キャンプで釣りをしたり魚料理をする方にはおすすめです。

スリムナイフ ブビンガ #12のレビュー

  • フォルムが美しく雑誌で見て買いました。とても実用的なナイフです。
  • ブレードが薄いので強い衝撃を与えないほうが良いですね。
  • 柔軟性があり魚の切り身をするのに良いです。

スペック

刃のサイズ 12cm
ブレード ステンレス
ハンドル ブビンガ材

オピネルナイフの取り扱いで注意すること

オピネルナイフの取り扱いで注意することをまとめました。

ナイフのメンテナンス

ナイフはメンテナンスが大事です。使ったら濡れたままにせずに洗って拭き取ります。
砥石は細かい天然石などがおすすめです。ナイフを約20度ぐらいにして研ぎます。
ナイフを洗うときには食器洗い機には入れない方が良いです。

※初心者の方は分解しない方が良いです。
乾性油でオイル漬けする時にはピン抜きでハンマーで叩いてオピネルを分解します。ブレードだけ紅茶に漬けます。

ナイフは料理の目的で使う

ナイフは銃砲刀剣類所持等取締法で所持の規制のあるアウトドアツールです。
キャンプなど目的があって使う分には問題ないですが護身用として持ち歩くことはできないので注意が必要です。

必ずキャンプで料理の目的で使うようにしましょう。
疑われないためにも普段からナイフを持ち歩くのは避けましょう。

まとめ

オピネルナイフはフランスで作り始めてから長い歴史があるナイフ。キャンプをしていたら一本は欲しくなりますね。

折りたたみナイフとして安全性が高く、今回紹介しているサイズ(#6以上)ではマルセルオピネルが発明をしたViroblocの安全リングになっています。
ブレードを閉じたときにロックすることが可能で、ブレードを開いてナイフを使っているときにもロックできます。

サイズにもよりますが、ステンレスのオピネルナイフなら2,000円~3,000円ぐらいで買えるのも魅力的です。
もちろん、素材によっても価格は変わります。黒檀ハンドルだと10,000円ぐらいします。

Amazonの場合には品薄になると価格が高くなる場合があるので、相場で売っていれば買いですね。

今回ご紹介しているオピネルナイフは#12までのサイズです。
最大のサイズは「オピネル#13」ですがAmazonでも楽天でも取り扱いはないですね。#12と用途がほとんど同じ包丁用になるので絞っているのかもしれません。

長く使えるオピネルナイフなのでキャンプの良い相棒になります。
キャンプで料理の時ちょっとリッチな気分になりますよ!

ナイフの関連記事
アウトドアナイフではオピネルナイフが定番ですが、モーラやベルモントも人気があります。サバイバルナイフならこちらの記事もどうぞ。